1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン
1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン

分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.02.03
新製品情報,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

ポタアン自作(DIY)キット KORG Nu:Tekt HA-S

ヘッドフォン祭ではイヤホン・ヘッドホンの自作コンテストが行われ数多くのご参加をいただいております。ポタ研では毎年自作ポータブルアンプの展示が行われておりました。今回は春のヘッドフォン祭2020 ONLINEでご紹介し、じわじわ人気が出ているポタアン自作キットKORG Nu:Tekt HA-Sを取り上げます。

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

KORG Nu:Tekt HA-S
Nutubeを搭載した高音質のポータブルヘッドフォンアンプDIY(自作)キットをご紹介!!

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)とは

アンプとは音を増幅する装置のことですが、アンプの中でもヘッドホン専用のアンプがヘッドホンアンプです。ヘッドホンはスピーカーなどに比べると微弱な電圧と電流を扱う、非常にデリケートな性質をもった機器。 この微弱な電圧と電流をデリケートかつ高精度に扱うため専用のアンプが作られています。音楽信号を増幅させたり、音量を調節したり、音質を向上させたりします。中でもポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)は、バッテリー駆動により主に屋外で使用するために作られています。ポータブル機器は内蔵電池で画面、DAC、アンプ、HDDなど様々な機能を動かしており、ポータブル機器の内蔵ヘッドホンアンプを含めた音響機器は省エネ設計ゆえに、音質が制限されている場合もあります。ポタアンを通して出力することにより、高音質の音楽を屋外で楽しむことができようになります。スマホやDAPと接続して手軽に高音質を追求したい方におすすめです。

自作できるの?

本格的にポータブルアンプを自作するとなると基盤、コンデンサなどのパーツを組み合わせて作っていくことになりますが、はんだごてが必要だったり初心者には中々難しいですね。そこでご紹介したいのが、はんだ付けは不要で初心者でもすぐに組み立てることができる、Nutubeを搭載した高音質のポータブルヘッドフォンアンプDIY(自作)キットKORG Nu:Tekt HA-S。

Nutubeとは

Nutube イメージ画像
Nutube

KORG Nu:Tekt HA-Sに搭載されているNutubeはKORGとノリタケ電子によって共同開発された完全アナログの新世代型真空管です。従来の真空管と同様にアノード、グリッド、フィラメントで構成されていて完全な三極管として動作します。従来の真空管と同様の豊かな倍音特性をより小型で安定したエネルギー効率の高い方法で実現。最近では2月3日に予約開始となった アナログポータブルヘッドホンアンプCayin(カイン)C9 にも搭載され、ますます注目されている完全アナログ真空管です。

アナログポータブルヘッドホンアンプCayin(カイン)C9
>>オンラインショップで詳細を見る

取り換えができるオペアンプ

MUSES01 イメージ画像
MUSES01

サウンドを変えるために出力段のオペアンプを2種類同梱しています。JRCのプレミアムオーディオ志向の「MUSES01」と正統派で知られる「NJM4580」の2種類です。これらはICソケットにて簡単に交換することが出来ます。

組み立て方法は

KORGさんの公式ページで組み立て方法が解説されています。

ヘッドフォン祭では声優の小岩井ことりさんに実際に組み立ててもらいました。
(小岩井ことりさん談)
本当に思ってたより簡単に組み立てられて、私だと30分くらい掛ったかな?早い人だともっと早いと思うんですけど、もうはんだ付けも終わってるので、説明書見ながらパパって組んでいくだけで十分組みあがりましたね。だれでも簡単に出来ると思います。

ブランド

Page Top