ZEN CAN【iPower5v同梱/初回スペシャルパッケージ版】

  • フジヤエービックブログ
  • 春のヘッドフォン祭2020 ONLINE
  • ポータブルオーディオ研究会「ポタ研」 2020冬
  • フジヤカメラ
  • ヤフオク フジヤエービックストア

カテゴリから探す

ブランドから探す

ZEN CAN【iPower5v同梱/初回スペシャルパッケージ版】

新品同様
買取金額 ¥12,500
<全品対象・下取限定>
買取金額5%アップ適用
¥13,125
¥26,400(税込)
商品コード:
200000053833
販売開始日:
2020/09/28 10:30:00
在庫
在庫あり


あらゆるヘッドフォンに対応し、ハイエンドのパフォーマンスを生み出すアナログ・アンプ

iFiのZENシリーズの製品(ZEN BlueとZEN DAC)は、発売からほんの1年で、2万円以下のデスクトップDACの中で議論の余地のないチャンピオンになり、ハイパフォーマンスのオーディオをいっそう手近なものにしました。iFiは、EISAのアウォード(https://eisa.eu/awards/ifi-audio-zen-dac/)をはじめ世界の各賞を獲得したこのシリーズをさらに拡張し、ZEN CANを加えます。同じくコンパクトなアルミニウム・シャーシに収められた、同じく並外れたお買い得価格の、すべてがアナログ領域で動作するプリアンプ兼ヘッドフォンアンプです。
ZEN CANは、通常は価格が何倍もするハイエンド・プリアンプやヘッドフォンアンプ用に使われる多くの機能を贅沢に盛り込んでいます。バランス回路設計、ゼロに近い歪み、パフォーマンスを最適化するための多様なオプション、負荷の大きなヘッドフォンやアクティブスピーカーでもドライブする能力 — これらはどれも、この飛び抜けた低価格ではきわめて例外的なものです。これらをひとつのパッケージに詰め込むことで、iFiは今再び、デスクトップ・オーディオの限界を押し広げているのです。
すべてがアナログ領域で動作するZEN CANは、デジタル入力、USB入力などは一切装備していません。DAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンのヘッドフォン出力、あるいはまたCDプレーヤーやフォノステージのRCA出力など、アナログ出力を備えたオーディオ・ソースに接続するのです。最先端のハイレゾBluetooth受信を可能にするには、ZEN Blueと組み合わせて使えばよいのです。また当然ながらZEN DACと組み合わせて使うこともできます。ヘッドフォンアンプのみならず、プリアンプの機能も兼ね備えているので、パワーアンプとスピーカー、あるいはアクティブスピーカーと組み合わせることも可能です。

▼ あらゆる種類のヘッドフォンから最大限の能力を引き出す
ZENシリーズの他の製品と同じように、ZEN CANは頑丈でスマートな仕上げのアルミニウム・エンクロージャーを贅沢に使用しています。サイズは約158×35×117mm(幅・高さ・奥行き)です。フロントパネルの中央には、なめらかに動くロータリー式のボリューム・コントロールがあり、両側を様々なソケットとボタンが固めています。左側には、電源ボタンと入力スイッチに加えて、適正なゲインを選択するコントロール・ボタンが置かれています。6dBステップで4段階(0dB、6dB、12dB、18dB)に設定できるので、接続したヘッドフォンにアンプを精確に合わせることが可能です。感度の高いインイヤーモニター使用時には、低ノイズを確保するためにユニティゲイン(0dB)を選択すると有効です。一方、ゲインを高くすると、負荷の大きなヘッドフォンからも最大限の能力を引き出し、優れたダイナミックレンジを実現します。

▼ アルミニウムのボリューム・コントロールの左側に3つのボタンが配置されています。電源On/Off、入力セレクター、ゲインセレクターです。
右側には、ヘッドフォン出力端子が2つあります。標準的なシングルエンド・コネクターを備えたヘッドフォン用の6.3mm出力(すべてのヘッドフォンに対応します)と、バランス接続が可能なヘッドフォン用の4.4mmペンタコン出力です。ますます多くの高品質なヘッドフォンとインイヤーモニターが、この4.4.mmペンタコン出力を備えるようになっています。リケーブルして4.4.mmペンタコン・コネクターにアップグレードできるようになっているものもあります。この出力は、その能力を最大限に引き出すのです(高インピーダンスのヘッドフォンには特に推奨されます)。 ヘッドフォン・ソケットの隣には、iFiの音質補正機能であるXBassと3Dの最新バージョンを使用するためのボタンが置かれています。XBassは周波数レスポンスを調節して、低域のパフォーマンスを向上させます。深い低音が「漏出」してしまう開放型のヘッドフォンには特に有効です。3Dは、ヘッドフォンを使って音楽を聴く時に感じることがよくある「頭の中で聴いている」という効果を補正します。ヘッドフォンの音場を広げて、スピーカーを聴いているような体験を生み出すのです。XBassも3Dも純粋なアナログ処理を行うものであり、また好みに応じてこれらの機能をバイパスすることも可能です。

フロントパネルの右側には、6.3mmシングルエンド・ヘッドフォン出力端子と4.4.mmバランス・ヘッドフォン出力端子、そしてXBassと3Dアナログ処理を有効/無効にするボタンが配置されています。
背面には、ステレオRCA入力端子と3.5mmシングルエンド入力端子、そして4.4mmバランス・ペンタコン入力端子を装備しています。4.4mmバランス出力端子も装備しているので、パワーアンプや、バランス入力を備えたアクティブスピーカーに接続することができます(ペンタコン4.4mm入力端子に接続、または4.4mmからXLRケーブルへ変換してXLR入力端子に接続)。このバランス出力は、バランス入力端子がない場合にはシングルエンド接続に使うこともできます。ZEN CANの入出力端子は、最適な導電性を確保するために、すべて金メッキ仕様になっています。

▼ 回路の主な特長:パワーのバランスを引き出す
ZEN CANの回路はバランス型の、シンメトリカルなデュアルモノ構成 — 通常はハイエンドアンプ用に取っておかれるトポロジーです。バランス回路は、有名なハイエンド・オーディオ・エレクトロニクス・エンジニアで、現在はiFiの技術顧問であるジョン・カールが、長年にわたって推奨しているものです。信号経路内のノイズを低減する能力を持っているからです。カールは、トルステン・レッシュが率いるiFiの社内技術チームと密接に活動して、この種の機器では並外れた品質を持つアナログ回路を生み出したのです。
鍵となる要素の数多くが、iFiのフラッグシップ・ヘッドフォンアンプPro iCANのために開発されたディスクリートAクラス回路から取り入れられています。これによって、これほど安価なヘッドフォンアンプやアクティブスピーカーに驚異的なドライブ能力が与えられ、シングルエンド出力で1600mW(7.2V、32Ω)を引き出します。バランス出力では、300Ω以上の負荷で15V以上を引き出すので、多量の電流を必要とするプレーナー・ヘッドフォンにも難なく対応します。

▼ ZEN CANの回路基板の上面と下面。ディスクリート&バランス設計であることがわかります。
ZEN CANの回路は、TDKのC0G、パナソニックのECPUキャパシター、超低歪薄膜抵抗器など、数多くのハイグレードなディスクリート表面実装部品を利用して、音の純度を最大限に引き上げています。iFi特製のOV4627クワッドアンプステージは、「フォールデッド・カスコード」設計(最適なパフォーマンスを生み出すために低インピーダンス・フィードバック回路を備えています)を利用した4つの独立したFETオペアンプを使っています。 入力ステージにも特製のオペアンプを使用しています。自動レベルマッチング機能を持ち、TOCOS(東京コスモス電機)の精密なポテンショメーターに信号を送るのです。一方、フル・ディスクリート&バランス設計のコンプリメンタリー・バイポーラー出力ステージは、Pro iCANのものと同じAクラス・バッファを使用しています。電源回路は、「ステルス・モード」電圧変換(これもまたPro iCAN由来です)を含み、リニア・レギュレーション、ノイズ・フィルターリング、感度の高いオーディオ回路からの物理的隔絶を実現し、音楽のトランジェントに対応するために、十分な電力を貯える4000μFのキャパシターを備えています。
ZEN CANの設定切り替えの方法さえ、技術的に音の透明性を確保するように考えられています。FETベースのスイッチングが、マイクロコントローラーによって行われるのですが、これは設定を切り替える時だけ「目を覚ます」ので、これによって音へのいかなる有害な干渉も根絶することができるのです。
こういった細部への気配りは、ハイエンドアンプでも印象的でしょうが、iFiはこういった高品質な回路を廉価な製品で実現しているのですから、これはもう驚異というしかないでしょう。細部が豊かで、ダイナミックスが魅力的で、あらゆるタイプのヘッドフォンを易々と駆動する — ZEN CANは、エントリー価格で並外れたサウンドを生み出し、iFiのZENシリーズの名声をさらに高めているのです。
【仕様】
主な特徴:
・バランス&デュアルモノ・アナログ回路設計
・高品質なディスクリート回路部品
・負荷の大きなヘッドフォンもドライブ可能
・ゲインを4段階に調節可能:0dB、6dB、12dB、18dB
・「3D」アナログ・スペーシャライザーが「頭の中で聴いている」という感覚を補正
・「Xbass」イコライザー調節が低域の軽いヘッドフォンのバランスを再構築

入力
シングルエンド・アナログ入力:ステレオRCA×1、3.5mm×1
バランス・アナログ入力:4.4.mmペンタコン×1
出力
ヘッドフォン出力:6.3mm×1、4.4.mmペンタコン×1
バランス・アナログ・プリアウト:4.4mmペンタコン×1

出力:6.3mmシングルエンド・ヘッドフォン出力
1000mW(4.0V)@16Ω
1600mW(7.2V)@32Ω
196mW(7.6V)@300Ω

出力:4.4mmバランス・ヘッドフォン出力
1890mW(11.0V)@64Ω
756mW(15.1V)@300Ω
385mW(15,2V)@600Ω

入力電圧: DC5V/2.5A、AC100-240V、50/60Hz(iFi電源アダプター同梱)

最大出力:
バランス >15.1V/385 mW (@ 600Ω) >6.0V/1150 mW (@ 32Ω)
シングルエンド >7.6V/98 mW (@ 600Ω) >7.2V/1600 mW (@ 32Ω)
THD & N:
バランス <0.006% (@ 360 mW/2.4V 16Ω)  シングルエンド <0.005% (@ 100 mW/1.27V 16Ω)

SN比:
バランス >120dBA (@ 15.2V)
シングルエンド >118dBA (@ 7.6V)

最大入力:
バランス 7.4V RMS
RCA 3.8V RMS
3.5mm 1.92V RMS

ゲイン: 0dB、6dB、12dB、18dB

周波数レスポンス: 20Hz - 20kHz (-3dB)
消費電力: No Signal -5W
Max Signal -13W
サイズ: 158×117×35 mm
重量: 515g

保証期間: 12ヶ月
(仕様は予告なく変更になる場合があります。)

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

中古商品の状態表記について

ランク表記
状態説明
新品同様品(A)
キズや塗装落ちが目立たちにくい、使用頻度の少ない美品です。
美品(AB+)
わずかにキズや塗装落ちのある、使用頻度の少ない良品です。
良品(AB)
キズや塗装落ちがある標準的な良品です。
並品(AB-)
キズや塗装落ちの目立つ通常に使用された並品です。
傷み/難有り品(B)
かなりの使用感があり使い込まれた老朽品です。
現状品(B-)
使用する上で不便さを感じる部分的故障品です。
コレクション
ほとんど機能しません、分解・部品取り用です。
当社の中古6ヶ月保証の対象外となります。