1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン
1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン

分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.10.01
新製品情報,レビュー・インタビュー,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【試聴レビュー】ヘッドホンアンプ「CHORD ANNI」はコンパクトでもパワーは充分、さらにスピーカー出力もOK!

デスクトップサイズながら質感たっぷりの製品づくりで知られるCHORD QUTEST RANGEシリーズにスピーカー出力可能なヘッドホンアンプが登場しました。今回は最新作「CHORD ANNI」をじっくりご紹介します。

▶この記事の監修
フジヤエービック(FUJIYA AVIC)
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。

▶SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内はこちら
オンラインストアはこちら

CHORDとは

正式名称はChord Electronics(コード・エレクトロニクス)社。
1989年、「イギリスの庭園」と呼ばれるケント州メードストンにてジョン・フランクス氏により設立された、今やイギリスを代表するオーディオメーカーのひとつです。
航空電子工学をベースとしたフランクス氏の電源思想と、CHORDが擁するもう一人の異才・ロバート・ワッツ氏による独自アルゴリズムの開発技術は、デジタルオーディオの世界でトップクラスの人気を誇っています。

秋のヘッドフォン祭2015に来日した際のジョン・フランクス氏
秋のヘッドフォン祭2015に来日した際のジョン・フランクス氏

そのCHORDから今回はなんとQUTEST RANGEシリーズの最新作としてアナログヘッドホンアンプが登場!
それがこちら、ANNI(アニー)です!

ヘッドホンアンプ「CHORD ANNI」

ヘッドホンアンプ CHORD ANNI
ヘッドホンアンプ CHORD ANNI

今回は一足早くこのANNIをお借りしましたので、その外観や仕様、音質など可能な限りレビューでお伝えしたいと思います。

【商品情報】CHORD ANNI

» 詳細を見る

イメージ

CHORD ANNIの外観レビュー

コンパクトなデスクトップサイズ

CHORD ANNIはいわゆるデスクトップサイズのヘッドホンアンプとなります。
サイズとしては幅160mm x 高さ42mm x 奥行き72mm、"QUTEST RANGEシリーズ"の名が示す通り、同社製DAコンバータ・QUTESTとほぼ同じサイズ。当然ながら組み合わせての使用がお勧めですが、もちろん他の機器と組み合わせても問題ありません。

ANNIのジャック部分
ANNIのジャック部分

ヘッドホンジャックは真ん中のボリュームノブを挟むように、向かって左に6.3mm、右に3.5mmを搭載。バランス接続端子はありません。
なお、6.3/3.5で特にゲインを変えてはいないようです。

ANNIの天板部分
ANNIの天板部分

天板にはCHORD製品ではおなじみのボタンが2つ用意されいます。
右が電源ボタン、左がゲインスイッチですがこれはヘッドホン使用時には影響しません。というのも…

ANNI背面
ANNI背面

ANNIにはバナナプラグ対応のスピーカー端子が搭載!先ほどのゲインスイッチはこのスピーカー出力でのみ機能します。つまり、このANNIはヘッドホンアンプ兼小型プリメインアンプというわけです。
また、入力はRCA2系統を装備。やはり入力にもバランス端子はありません。一番左の端子は付属の専用電源アダプタ用、一番右の「DC OUT」についてはのちほどご説明します。
なお、RCA入力の1/2切替はボリュームノブを押し込むことで行います。RCA1入力ではノブの周りがブルーに光り、

RCA1入力中
RCA1入力中

RCA2入力ではレッドに光ります。

RCA2入力中
RCA2入力中

さて、このANNIはQUTEST RANGEシリーズということもあり、同じCHORDのDAC・QUTESTおよびフォノイコライザー・Hueiと組み合わせて使用することが考慮されています。
その際に便利なアイテムとして、ANNI/QUTEST/Huei専用スタンド「QSS.(QutestSystem Stand)」も別売で用意されています。

専用スタンド・QSS

専用スタンド・QSS
専用スタンド・QSS

【商品情報】CHORD Qutest System Stand

» 詳細を見る

イメージ

また、先ほどの背面写真にあった右端の「DC OUT」端子ですが、こちらには付属品として同梱されているANNIからQUTEST/Hueiへ電源供給が可能な給電用アダプタを接続します。そのため、QUTEST/Hueiとセットで使う時でもコンセントはANNI用にひとつ空いていればOKです。
なお、ANNIには電源ボタンがありますがこちらは「ANNIのアンプ機能のON/OFF」を行うため、電源アダプタが刺さっていれば電源OFFでもQUTEST/Hueiへの給電はされる仕様となっています。

同梱の給電アダプタ
同梱の給電アダプタ
ANNIとQUTESTの接続例
ANNIとQUTESTの接続例

ANNIとQUTEST、QSSを2つ用意して…

ANNI、QUTEST、QSS2つ
ANNI、QUTEST、QSS2つ

組み合わせた様子がこちら。

上:QUTEST、下:ANNI
上:QUTEST、下:ANNI

これなら机の上でもあまり場所を取らず、コンパクトなシステムが組めそうですね。

【商品情報】CHORD QUTEST Black

» 詳細を見る

イメージ

【商品情報】CHORD Huei

» 詳細を見る

イメージ

ANNIの音質レビュー

それではANNIの音を聴いてみたいと思います。
今回は上記のANNI+QUTESTという構成に、せっかくコンパクトなので音源としてはiPhone XをカメラコネクションキットでQUTESTにUSB接続。ハイレゾ音源やApple Musicのロスレス音源などを再生してチェックしてみました。

TAGO STUDIO T3-01でチェック

TAGO STUDIO T3-01でチェック

DACとなっているQUTESTの影響も大きいのでしょうが、音質的にはかなりカッチリとしたソリッドな印象。音の伸びよりも歯切れの良さを感じます。ボーカルなどはややドライ目で、情感よりもくっきりとした声の張りが強調されるようです。
低域の表現も量感抑え目で硬い質感を感じさせ、ヘッドホンをしっかりとドライブしているな、という鳴らし方をしています。
T3-01はそれほど鳴らしづらいヘッドホンではありませんが、ボリューム位置としては9時方向で充分な音量であると思います。

続いて、鳴らしづらい部類のヘッドホンとして、HEDD HEDDphoneでも聴いてみましょう。

HEDD HEDDphoneでもチェック

HEDD HEDDphoneでもチェック

やはりこちらも全体的に硬めな音質であると感じます。
ボリューム位置はさすがに12時くらいまで上げる必要がありましたが、低域表現も含めパワー不足を感じるようなこともなく、ANNIのヘッドホン出力の強さはハイクラスヘッドホンを鳴らすのにも必要充分なレベルであると思いました。

さて、せっかくですので今度はスピーカー出力も試してみます。組み合わせるのはFOSTEXのブックシェルフ型スピーカー・GX100MAです。

FOSTEXのスピーカー・GX100MAを接続

FOSTEXのスピーカー・GX100MAを接続

時間の都合もありデスク直置きという環境ではありますが、スピーカーでの音質もやはり硬質さを感じさせる音作りであるように感じました。
なお、この時のANNIのゲイン設定はローゲインですが、それでもボリューム位置は10時方向で普通に聴くには充分な音量が出ていました。
ヘッドホンもスピーカーも手軽に、かつ音にこだわって鳴らしたい!という方にはピッタリな製品ではないでしょうか。

製品仕様

スピーカー出力
10W/8Ω2ステージゲイン切替機能
スピーカー端子
4mm径のバナナプラグ専用
ヘッドフォン端子
アンバランス 6.35mm&3.5mm
入力
アナログ 2 系統(アンバランス RCA)
電源出力
15V for Qutest&Huei
サイズ
W160xH42.5xD96.6mm(突起部除く)
質量
625g

まとめ

非常にコンパクトながら音質も出力も充分、QUTESTやHueiといったシリーズ製品との組み合わせもバッチリなヘッドホンアンプ・ANNIは本日よりご予約受付開始、発売は10月上旬(おそらくあと数日)です!
発売開始の際には店頭試聴機もご用意いたしますので、QUTESTやその他のDAC、あるいはポータブルプレイヤーとの組み合わせでのご試聴もOKですよ。
ハイクラスヘッドホンもいろいろ出てくるようだけど、それに見合ったヘッドホンアンプはないかな…とお探しの方、ぜひ一度ANNIをお試し下さい。

【商品情報】CHORD ANNI

» 詳細を見る

イメージ

【商品情報】CHORD Qutest System Stand

» 詳細を見る

イメージ

ブランド

Page Top