分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2020 ONLINE
  • ポータブルオーディオ研究会「ポタ研」 2020冬
2021.02.13
レビュー・インタビュー,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【試聴レビュー】カナル型が苦手でもお試しいただきたい完全ワイヤレスイヤホンag(エージー)TWS04KとTWS04K-WHを比較しました

春のヘッドフォン祭2020でも紹介されたag TWS04K、昨年12月には新チューニングホワイトモデルTWS04K-WHが発売になりました。ブラックとホワイトはチューニングが違うということで、その点をふまえつつ比較試聴をしましたのでご紹介します。

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

色違いだけではないag TWS04Kと新チューニングホワイトモデル・TWS04K-WH

春のヘッドフォン祭2020でも紹介されたag TWS04K

国内の人気オーディオメーカーfinalが監修して開発したこともあり音質の高さが話題に。また、昨年12月には新チューニングホワイトモデルTWS04K-WHが発売されました。今回はこの2機種のレビューを行うにあたり、普段試聴を担当している店頭スタッフではなく、たまたま「最近、完全ワイヤレスイヤホンが気になっているんですけど私カナル型が苦手で…」と相談にきたWeb担当のCさんに数日間使ってもらってのレポートという形でお送りします。それではCさん、レビューよろしくお願いします!



はい、Web担当のCと申します。普段は当店Webサイトの運営業務にあたっているため、イヤホンのレビューなどはまったくしたことのない「普通のユーザー」です。たまたまミーティングの席で完全ワイヤレスイヤホンの相談をしたところ「じゃあちょうど良いのでTWS04Kを使ってみませんか?」というお話になり、その使用感をレビューとしてお伝えすることになりました。店頭スタッフのようなマニア目線でない、一般的なユーザー目線でのレビューとしてお読みいただければ幸いです。

主な特徴

●ケースはモバイルバッテリーとして利用可能
●本体は単体で9時間、ケースと併用で180時間
●防水仕様 IPX7

ケースはモバイルバッテリーとして利用できるということもあって、例えば同じagの他機種に比べると大きく若干重みも感じます。これは2600mAhという大容量バッテリーを搭載したことによるものですが、バッグにひとつ入れておけばスマートフォンの充電にお使いいただくことが可能です。イヤホン単体で最大9時間の連続再生、ケース併用で最大180時間の音楽再生が可能という超ロングバッテリーというところもうれしい仕様です。

音質を比較[TWS04Kブラック]

それでは比較していきます。春も近づいてきましたので曲は「Salyu/HALFWAY」

出典: TOY'S FACTORY

オーディオプレイヤーはiPod toutch(第6世代)で比較しました。
まずは、TWS04Kブラック。驚いたのはクリアな音質です。アコースティックギターの動き、ベース、ドラムのアタック音もしっかり出ています。全体の音の広がり、音の空間も感じられますが同時に音の分離が良くストリングスまでそれぞれの音がしっかりと聴き取れます。

音質を比較[TWS04Kホワイト]

TWS04Kホワイトはどうでしょうか。ブラックに比べて音それぞれの輪郭がはっきりしていて若干固い印象です。
例えば、「SOIL &"PIMP"SESSIONS/PIMPIN'」を聴くときなどはホワイトの方が聴きやすく感じました。

ブラックと比べてホワイトは管楽器の音がよりわかりやすく出ているような印象です。

中域や低域がやや強めな印象のがブラック、高域がやや強めで固い印象なのがホワイトといった印象です。音楽ジャンルでいえば、TWS04KブラックはEDMやPOPSなどオールジャンルに合うと思います。TWS04Kホワイトはビッグバンドなどホーンセクションのそれぞれの音を聴き分けたいという場合などに良いのではないでしょうか。

カナル型が苦手な方にもお試しいただきたい、TYPE Eの完全ワイヤレス専用仕様イヤーピース

今回レビューを担当させていただきましたが、実は私、カナル型イヤホンが苦手でした。耳が小さいのですぐ取れてしまう、耳を塞ぐので音がこもった感じがする、長時間着けると疲れてしまうという理由でこれまで避けていたのですが、このTWS04Kはイヤーピースに従来のTYPE Eと違い、若干傘の部分が浅くなっている完全ワイヤレス専用仕様の特別モデルを採用しているということで長時間着けていても疲れにくく、極小のXSサイズも同梱しているので耳が小さめでもしっかりとはまりやすいです。音質はクリアでこもった感じがなく、予想以上に音楽を楽しむことができました。
イヤーピースは全5サイズ同梱されています。

電車での利用

乗客数の多さも有名な中央線で、中野駅まで20~30分の通勤時に使用しました。最近はBluetoothイヤホンをお使いの方もかなり増えている影響なのか、若干混雑している車内で人が動いたときに一瞬音切れがありましたが、その他は問題なく使用できました。接続性はかなり安定しているようです。

まとめ

ブラックとホワイトで聞き比べてみると、あまりイヤホンの試聴になれていない私でもすぐにわかるくらいの違いがありました。どちらも音質が心地よいので長い時間聴いていても疲れにくく、さらに長時間バッテリー搭載というのも大きな魅力。オーディオに詳しい方はもちろんですが、これまでカナル型イヤホンを使っていない、苦手だという方にもぜひお試しいただきたいです。

ブランド

Page Top