分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2020 ONLINE
  • ポータブルオーディオ研究会「ポタ研」 2020冬
2020.10.19
新製品情報,レビュー・インタビュー,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【触ってきた】オーディオテクニカ久々の据置ヘッドホンアンプ「AT-DAC100」「AT-BHA100」を検証!新しいデスクトップスタイルの提案とは?

本日オーディオテクニカより発表された、オーテク久しぶりの据置型本格派ヘッドホンアンプ2モデル、

Audio-Technica AT-DAC100

 

Audio Technica AT-DAC100

 

Audio-Technica AT-BHA100

 

Audio-Technica AT-BHA1

 

 

いずれも注目を集めていますが、中には「本格的なオーディオコンポライクの、ウッドパネルなんかのヘッドホンは出ないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。フジヤエービックでは、発売前の両モデルに触れる機会がありましたが、その時に聞いたお話を記していきます。

 

 

オーディオテクニカの湯島の営業拠点「テクニカハウス」で触ってきた実機が、こちら。

 

Audio-Technica AT-BHA100 / AT-DAC100

  

AT-DAC100 / AT-BHA100 いずれもまるでネット用モデムのような、IT系の機器のような雰囲気を漂わせています。

 

これについて、なぜもっとオーディオコンポらしいスタイルにしなかったんですか?とオーディオテクニカの方に聞いたところ、回答は

 

「デスクトップでの使用を想定しているので、オーディオコンポです!というような存在感を逆に出さず、高性能だけど邪魔にならないコンパクトさと、コンポオーディオにあまり興味のない若い世代の方にも使ってもらえるようなデザインを目指した」との事でした。なるほど。

 

Audio-Technica AT-BHA100 / AT-DAC100

 

しかしその「中味」は、最新版のDACチップセットを投入したデジタルのAT-DAC100と、アナログのフルバランス接続を可能にしたピュアアナログ、シリコン&真空管ハイブリッド駆動のAT-BHA100、両モデルの性能諸元や概要をを見て頂ければお分かりの通り。外観に見合わない?きわめてオーディオ機器の正統派設計を貫いています。しかも両者を一体化せず別々のモデルとして陳腐化を避け、アップグレードを容易にしています。

 

AT-DAC100

 

AT-BHA100

 

両モデルの試聴は短時間でしたが、特に昨今発売が少なくなっていた据置タイプのコンパクトなUSB DACヘッドホンアンプであるAT-DAC100も上々の出来ですが、完全バランス入出力を実現するため妥協のないオーディオクオリティをつぎ込み、真空管とソリッドステート回路のハイブリッド設計としながら古臭くないルックスとしたAT-BHA100の印象が強く残りました、ハイインピーダンスヘッドホンのドライブ能力も見た目に見合わず?なかなかのレベルのもので、コスパはかなり高いのではないでしょうか。筐体にウッドなどのコストをかけないことで、「中味にお金をかける」今の世の中らしいことも実現できたようですね。

 

AT-DAC100 / AT-BHA100

AT-DAC100 / AT-BHA100

AT-DAC100 / AT-BHA100

両モデルの発売は2020年10月23日(金)。フジヤエービックでは本日より予約受付中、発売後には試聴用の店頭デモ機も設置予定です。またオーディオテクニカさんは「秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE」にも出演予定。11/7の生配信を、どうぞお楽しみに!

 

 

Audio-Technica AT-DAC100 フジヤ価格93,500円

 

Audio-Technica AT-DAC100

 

Audio-Technica AT-DAC100

 

Audio-Technica AT-DAC100

 

 

 

 

Audio-Technica AT-BHA100 フジヤ価格132,000円

 

Audio-Technica AT-BHA1

 

Audio-Technica AT-BHA1

 

Audio-Technica AT-BHA1


ブランド

Page Top