分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.06.23
新製品情報,レビュー・インタビュー,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【試聴レビュー】最終形態はチタニウム!Cayin N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション登場!

中国の実力派オーディオブランド・Cayinから人気DAP・N6iiの限定モデルが登場!今回はこの「N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション」について詳しくお伝えします。

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション

Cayin N6ii DAPとは

中国の実力派オーディオメーカー・Cayin(カイン)が2019年6月に発売した"オーディオマザーボード交換式"のポータブルプレイヤーがN6ii DAPです。AK4497EQのA01、PCM1792AのT01、ES9038PROのE01などそれぞれ異なるDACチップを搭載したボードを展開するほか、ユニークなところではラインアウトおよびプリアウト専用(つまり直接ヘッドホンやイヤホンを繋げられない)のA02ボードも用意するなど、多彩なオーディオマザーボードのラインナップでDAPの新しい楽しみ方を開拓した名機でもあります。

最初のモデル・N6ii DAP/A01
最初のモデル・N6ii DAP/A01

発売から2年を経過した今も人気のN6ii DAPですが、実は先日メーカーより「6番目にして最後のオーディオ用マザーボード「R01」とともに、「N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション」をお届けします」という発表が!なんと、最後のボード?!そしてリミテッドとは?!その答えがこちら!

N6ii Titanium R2R Limited Edition
N6ii Titanium R2R Limited Edition

こちらが最後のN6ii DAPこと、N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション(以下N6ii-Ti R-2R)!今回はその実機を写真でご紹介しながら、音質についてもレビューをお届けしたいと思います。

Cayin N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション
>>オンラインショップで詳細を見る

外観の特徴

まずはこれまでのN6iiと一線を画するその外観から。筐体はその名の通りTA2純チタンをCNC加工したもので、軽量ながら強度と腐食耐性の高さを誇ります。ポータブルプレイヤーだけでなく、イヤホンやヘッドホンのハウジングにも採用されている例は多いですが、チタン合金でなく"純チタン"の筐体は珍しいですね。

Cayin N6ii-Ti R-2Rの側面
Cayin N6ii-Ti R-2Rの側面

筐体サイドに配置されているボリュームノブおよび再生・戻る・送るボタンには、真鍮に24金の「PVD(Physical Vapor Deposition)コーティング」(真空装置の中で金属を蒸発・イオン化させ、素材の表面に蒸着させて硬い皮膜を作る加工技術)を施したものを使用しています。

既存のN6iiと並べると…

奥:N6ii DAP/A01、手前:N6ii-Ti R-2R
奥:N6ii DAP/A01、手前:N6ii-Ti R-2R

N6ii DAPはオーディオマザーボードの種類によりジャックの種類・数も異なりますが、ここでは一番最初に発売された"A01ボード"搭載のモデルと比較しています。正面から見るとカラーリングの違いのみ。サイズは変わりませんが、重さはアルミニウム合金筐体のN6ii DAP/A01が290gであるのに対し、純チタン筐体のN6ii-Ti R-2Rは349gと重くなっています。

左:N6ii DAP/A01、右:N6ii-Ti R-2R
左:N6ii DAP/A01、右:N6ii-Ti R-2R

A01は3.5mmアンバランス/4.4mmバランスの各イヤホン端子と3.5mmのラインアウト専用端子の3つを搭載していましたが、N6ii-Ti R-2Rでは3.5mmアンバランス/4.4mmバランスの各イヤホン端子のみとなっています。

左:N6ii DAP/A01、右:N6ii-Ti R-2R
左:N6ii DAP/A01、右:N6ii-Ti R-2R

N6ii-Ti R-2Rは3.5mmアンバランス/4.4mmバランスの各イヤホン端子のみ搭載
N6ii-Ti R-2Rは3.5mmアンバランス/4.4mmバランスの各イヤホン端子のみ搭載

最後のオーディオマザーボード"R01"

N6ii-Ti R-2Rのオーディオマザーボードは"R01ボード"の専用版。これまでのオーディオマザーボードはすべてブラックのみでしたが、N6ii-Ti R-2R本体にあわせチタン外装となっています。背面上部の2ヶ所のネジを外すと…

ネジは非常に小さいのでご注意を
ネジは非常に小さいのでご注意を

R01ボードを引き出した様子
R01ボードを引き出した様子

オーディオマザーボードを引き出すことができます。なお、N6ii-Ti R-2Rのパッケージには取り外し用のドライバーは入っておりませんので単品オーディオマザーボード同梱のものをご使用下さい。

R01オーディオマザーボード
R01オーディオマザーボード

これがN6ii用の6番目にして最後のオーディオマザーボード・R01です。その最大の特徴は「R-2R DACの実装」。いわゆるラダー(はしご)型抵抗ネットワークによるDAC回路という、通常よく使用されるDACチップとは異なる方式でのD/A変換を行っています。

ラダー型抵抗ネットワークの構造図(例)
ラダー型抵抗ネットワークの構造図(例)

このR-2R DACでは、例えばA01ボードに搭載されているAK4497EQといったDACチップがICひとつで2チャンネル(=左右ステレオ)分の出力が可能であるのに対し、N6ii-Ti R-2Rでは片側1チャンネル分の出力になんと48個の抵抗器を使用。
つまり左右両方で96個もの抵抗器が使われているわけですが、当然ながら抵抗器ひとつひとつの精度はもちろんすべての抵抗器のマッチング精度の高さが求められるため非常に手間がかかる方式です。反面、素材の選定からサウンドチューニングまで設計者が自由に行えるという利点があります。

今回、N6ii用オーディオマザーボードの最終モデルとしてこのラダー型DAC回路が採用された理由は、Cayinがいまできる最大限の音質追及を行った結果といえます。

N6ii-Ti R-2Rの音質

それではN6ii-Ti R-2Rの音質チェックとまいりましょう。比較するのはもちろんN6ii DAP。どのオーディオマザーボードにするかだいぶ迷ったのですが、一番標準的と思われるA01ボードにしての比較試聴です。組み合わせるイヤホンには同じくCayinのフラッグシップモデル・Fantasyを選んでみました。

N6ii-Ti R-2RとFantasy
N6ii-Ti R-2RとFantasy

音の違いを一番実感するのは高域のキレと低域の締まりでしょうか。硬質であまり余韻を引かない高域の出方に加え、こちらもやはり硬質かつ膨らみのないスッキリした低域で、非常にシャープな出音という印象です。また、いわゆるS/N比の向上も感じられました。

Cayinといえば本国・中国では主に据置型の真空管アンプを主力としたオーディオメーカーなので、音の柔らかさ・温かみという意味では対照的な音質になっていることに若干驚きがありましたが、考えてみればCayinがポータブルプレイヤーの分野へ本格的に進出してきた初代N5/N6の発売からすでに5年以上経過。
その間、各モデルのバージョンアップはもちろん、数々のプレイヤーを開発してきた中で追及してきた「Cayinのポータブルプレイヤーの音」として生み出されたひとつの結論がこのN6ii-Ti R-2Rの音なのかも知れません。

R01オーディオボードは単品販売もアリ!

「N6ii-Ti R-2Rがスゴそうなのはわかったけど、今までのN6ii DAPユーザーはどうしたらいいの?」という方、ご安心を。実はこの"ラダー型DAC回路搭載"のオーディオマザーボード・R01は単品販売もされます!こちらの単品販売版は従来通りのブラックなのでカラーリングもバッチリ。素材はアルミ合金とN6ii-Ti R-2R付属の純チタン製とは異なりますが、Cayinが送り出す「最後のオーディオマザーボード」のサウンドを既存ユーザーの皆様にもお楽しみいただけますよ。

R01オーディオマザーボード(単品販売版)
R01オーディオマザーボード(単品販売版)

製品仕様

製品情報

MCU

Snapdragon 425

Memory

4GB DDR3

Storage

64GB +TF (up to 1TB)

Display

4.2" 768×1280 IPS
multi-point touch screen

Physical Control

Volume knob
playback control buttons

Bluetooth

BT 4.2: SBC, AAC, aptX, LDAC

Wi-Fi

IEEE802. 11 a/b/g/n
2.4G/5G, OTA supported

Battery

3.7v 5900mAH (21.8Wh)

Charging

QC3.0 (~4.5 hrs)

Dimention

121*70*21mm (exclude volume knob)

System

Customized Android 8.1

Lossless

DTA bypass Android SRC

Google Play

Preinstalled

Bundled Applications

Cayin Music; HiBy Music HiByLink support

USB

Type C: Charging, OTG, Digital Audio

Gain Control

High, Mid, Low

Digital Interface

I2S, USB Audio(in/out), Coaxial (embedded)

Chassis

Sandblasted CNC Titanium

Back Panel

Tempered Glass

Net Weight

~349g (with R01 Audio Motherboard)

R01 オーディオマザーボード

DAC

24Bit Discrete R-2R Ladder Resistor Network

Oversampling

All to 768kHz (4× DSP Filter)

Digital Filters

Sharp Roll-off
Slow Roll-off

Head-Amp

Fully Balanced
Parallel amplification

Phone Output

3.5mm Single-ended
4.4mm Balanced

Duration*

3.5mm: ~12.5 hours
4.4mm: ~11 hours

R01 ヘッドホン出力(4.4mm Balanced)

Power rating

430mW (@32Ω)

Freq. Response

10Hz-30kHz (±0.2dB, Fs=192kHz)
3Hz-80kHz (±3dB, Fs=192kHz)

THD+N

0.004% (1kHz, Fs=44.1kHz; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

Dynamic Range

113dB (1kHz, Fs=192kHz/24bit; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

SNR

115dB (1kHz, Fs=192kHz/24bit; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

Channel Separation

92dB (1kHz; @32Ω)

Output Impedance

0.68Ω (@32Ω)

R01 ヘッドホン出力(3.5mm Single-ended)

Power rating

240mW (@32Ω)

Freq. Response

10Hz-30kHz (±0.2dB, Fs=192kHz
3Hz-80kHz (±3dB, Fs=192kHz)

THD+N

0.004% (1kHz, Fs=44.1kHz; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

Dynamic Range

113dB (1kHz, Fs=192kHz/24bit; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

SNR

115dB (1kHz, Fs=192kHz/24bit; 20Hz-20kHz, A-Weighted)

Channel Separation

78dB (1kHz; @32Ω)

Output Impedance

0.45Ω (@32Ω)

まとめ

DACチップを使うことが当たり前となった時代にあえて手間のかかるディスクリート・ラダー型DAC回路を組むというこだわり、そしてそれがN6ii最後の専用オーディオマザーボードとして送り出すだけのものにできあがった、という自信。N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディションおよびオーディオマザーボード・R01は本日よりご予約受付開始、発売は7月3日を予定しております。特にN6ii-Ti R-2Rは全世界600台限定生産ですのでご予約はお早めに。
N6ii-Ti R-2Rの試聴機も本日より店頭にご用意しておりますので、Cayinのこだわりと自信をぜひ一度お試し下さい。

Cayin N6ii-Ti R-2R チタニウム・リミテッドエディション
>>オンラインショップで詳細を見る
Cayin R01
>>オンラインショップで詳細を見る

ブランド

Page Top