1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン
BLACK FRIDAY&CYBER MONDAY SALE

分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.06.22
新製品情報,レビュー・インタビュー,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【試聴レビュー】世界初!充電ケースがBluetoothトランスミッターに!?B&W初の完全ワイヤレスイヤホンPI7・PI5登場

PI7は充電ケースがBluetoothトランスミッターになるという世界初の仕様を採用。春のヘッドフォン祭ONLINE 2021でいち早く試聴していただいた小岩井ことりさんのレビューも併せてご紹介します!

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

Bowers & Wilkins初の完全ワイヤレスイヤホンPI7・PI5特集

Bowers&Wilkins(ビーアンドダブリュー)とは?

1966年イギリスで設立。ビートルズで有名なアビーロードスタジオを始め、多くのレコーディングスタジオでリファレンススピーカーとして採用されているスピーカーブランドです。

B&W初の完全ワイヤレスインイヤーヘッドフォン登場!

上位モデル「PI7」と弟分「PI5」どちらもアクティブノイズキャンセリング機能が付いている完全ワイヤレスイヤホン。

9.2mmの大口径ダイナミックドライバー

Bowers&Wilkins PI7
Bowers&Wilkins PI7チャコール

違いはドライバー構成

9.2mmの大口径ダイナミックドライバーは2モデルのために開発され、「PI7」「PI5」共通の専用ドライバーとなっています。「PI5」はフルレンジ、「PI7」はトゥルーワイヤレスイヤホンとしては珍しくバランスドアーマーチェアを加えた2ウェイ構成で、ドライバーごとに専用のアンプを駆動させたバイアンプドライブ構成となっています。

PI7は世界初!充電ケースがBluetoothトランスミッターに!?

Bowers&Wilkins PI7ケース
Bowers&Wilkins PI7ケース

PI7のみの機能として、再生デバイスとケースを接続すればケースからPI7にaptX Low Latencyで送ることができる仕様となっており、例えば付属の3.5mmのステレオミニケーブルで接続して音楽を楽しんだり、aptX Low Latencyに対応していないプレイヤー等からUSBケーブルで接続・送信することで高音質で音楽を楽しむことができます。

さらに、オーバーイヤー型ヘッドホン「Bowers&Wilkins PX7」と「PI7」のケースとを組み合わせて使用することが可能!音源や場所によってイヤホン・ヘッドホンを使い分けていただくことができます。

カラーはそれぞれホワイトと チャコールの2色展開

Bowers&Wilkins PI7・PI5全種
Bowers&Wilkins PI7・PI5全種

Bowers & Wilkins初の完全ワイヤレスイヤホンPI7・PI5特集
>>オンラインショップで詳細を見る

小岩井ことりさんレビュー

春のヘッドフォン祭ONLINE 2021でいち早く試聴していただいた小岩井ことりさんのレビューをご紹介!ディーアンドエムホールディングス様より概要のご説明していただきました。



-小岩井ことりさん
まずは、PI5から試聴しました。ワイヤレスイヤホンで音を聞いたときに低音が少なく感じてしまうことがありますが、PI5は低音域がすごく効いていてホームオーディオを聞いているときのように音場感を感じました。低音域が全体をまとめてくれるようなところがしっかりあってスピーカーの前にいるような臨場感があります。高音域もちょうど良く、長時間聴いていても心地良く包まれているような感覚です。

-ディーアンドエムホールディングス狩野様
今回の9.2mmのドライバーのように口径が大きくなれば低域も出てくるのですが、高音域が鳴らなくなる、一方で小さいと音の立ち上がりが早いのですが、低音域が薄くなる。PI5はこのバランスを取りつつ、B&W最上位のスピーカー・800シリーズダイヤモンドの音質チューニングを担当した設計者により細部に渡って調整されました。

-小岩井ことりさん
PI7は24bitも再生可能ということで、PI5と比較するとスピーカーの前で聴いているような臨場感はそのままに、より解像度の高さを感じました。ハイエンドな音を感じたい方にはPI7の方がおすすめです。

-ディーアンドエムホールディングス狩野様
BAドライバを使うことで高音域がより滑らかになります。9.2mmのドライバもあわせて使用しているため低音域の力感が出てきて、かつ全体的に音の見晴らしがよくなるという音の方向性となっています。

フジヤエービックスタッフ試聴レビュー

フジヤエービックスタッフもその後、短時間ですが試聴させていただきました!

こちらがPI5のパッケージ内容。イヤーピースはMサイズが本体装着済みのためS/Lがパックされています。

Bowers&Wilkins PI5
Bowers&Wilkins PI5

付属のUSBケーブルは両端がType-C端子です。

Bowers&Wilkins PI5 チャコール
>>オンラインショップで詳細を見る
Bowers&Wilkins PI7
Bowers&Wilkins PI7

そしてこちらがPI7のパッケージ内容。世界初の"充電ケースがBluetoothトランスミッターになる機能"に対応するため、片側が3.5mmステレオミニプラグになったType-Cケーブルが付属しています。
この機能については後ほど試してみましょう。

それでは音質チェックを。
PI5については小岩井さんも触れていた通り、B&Wのスピーカーを思わせるゆったりした低域の量感と柔らかさがあり、落ち着いた音色であると思います。ジャズやアンビエントミュージックなど、リラックスした状態で音楽を楽しみたい時に最適ではないでしょうか。
PI7はBAドライバが追加されたことが大きいのか、PI5に高域のシャープさと解像感の向上が加わった印象です。ドシッとすわった低域と高域の明瞭感はEDM系の音楽にも合っているように思いました。

また、PI5/PI7どちらにも搭載されているノイズキャンセリング機能については、周囲の騒音を一切カットするという感じではなく、空調の音のような暗騒音のみ軽減するタイプのようです。
そのため、人の話し声やアナウンスといったものは普通に耳に入ってきますが、街中での使用シーンを考えると必要充分な性能を持っています。
なお、ノイズキャンセリング機能のON/OFFによる音質変化はほとんど感じられなかったので、「ノイキャンは音質が犠牲になるのでは…」という心配はご無用です。

さて、ではPI7のみに搭載されているトランスミッター機能を試してみましょう。
付属の3.5mm-Type Cケーブルを使えば、例えばLUXURY&PRECISION LP6のような「Bluetooth機能を持たないプレイヤー」でもお手軽に完全ワイヤレスイヤホンとして接続することが可能になります。

Bowers&Wilkins PI7 チャコール
>>オンラインショップで詳細を見る

接続もパッケージ同梱のケーブルで充電ケースとプレイヤーをつなぐだけ。
さすがにスマートフォンで使う時のような細かい設定はできないようですが、それでもなにか機材を追加することなく手軽にワイヤレス環境が構築できてしまうこのアイデアに「こんな手があったとは!」と軽く衝撃を受けてしまいました。

実はこのPI7の充電ケース兼トランスミッター、USBでのデジタル接続も可能です。が、付属ケーブルは両端Type-C。iPhoneユーザーであるフジヤエービックスタッフとしてはちょっと残念…と思いつつ、ダメでもともと!とApple純正のLightning-USBカメラアダプタ(以前はカメラコネクションキットと呼ばれていました)とType A-Cケーブルを用意して試してみると…

Lightning-USBカメラアダプタで接続できました
Lightning-USBカメラアダプタで接続できました
Lightning-USB 3カメラアダプタでも接続
Lightning-USB 3カメラアダプタでも接続

音が出ました!念のためiPhoneの設定も確認してみましたが、こちらのBluetooth機能はしっかりとOFF状態になっているので、充電ケース経由で接続されていることは間違いないようです。

iPhone本体のBluetooth機能はOFFですがしっかり音が出ています
iPhone本体のBluetooth機能はOFFですがしっかり音が出ています

もちろんiPhoneとPI7とは(AACコーデックとなりますが)そのまま接続することが可能なので「どうしてもaptX Low Latencyを使ってみたい!」という状況以外あまり意味はないかも知れませんが…こうした楽しみ方も可能ですよ、というご紹介でした。

【PI7仕様】

技術的特徴

True 24 bit オーディオ コネクション
2ウェイ ドライバー構成
ハイパフォーマンス DSP
Bluetooth 5.0 with aptXTM Adaptive
アダプティブ アクティブ ノイズキャンセリング
Bluetoothトランスミッター内蔵充電ケース
ワイヤレス / USB-Cによる充電
急速充電

仕様

完全ワイヤレス インイヤー ヘッドフォン

対応コーデック

aptXTM Adaptive
aptXTM HD
aptXTM Low Latency
aptXTM
AAC
SBC

対応Bluetoothプロファイル

A2DP v1.3.1
AVRCP v1.6.1
HFP v1.7.1
HSP v1.2
BLE GATT (Generic Attribute Profile)

無線周波数帯域

Tx mode: 2402MHz to 2480MHz, ISM Band,
Rx mode: 2402MHz to 2480MHz, ISM Band

ドライブ ユニット

バランスド アーマチュア トゥイーター
9.2mm ダイナミック ドライバー

マイク

左右にそれぞれ3つのマイクを内蔵
(通話およびノイズキャンセリング用)

周波数帯域

10Hz - 20kHz

歪率

<0.3% (1kHz/10mW)

バッテリー タイプ

充電式 リチウムポリマー電池
(ヘッドフォン / 充電ケース)

バッテリー駆動時間

本体:最大4時間
充電ケース:16時間
合計:20時間

急速充電

15分充電で2時間再生可能

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電パッドでの充電に対応

防塵・防滴等級

IP54(ヘッドフォン本体のみ)

入力

Bluetooth

付属品

20cm USB-C to 3.5mm オーディオケーブル
20cmUSB-C to USB-C 充電ケーブル
イヤーチップ(S/M/L)

寸法 (充電ケース)

60mm (w) x 28mm (d) x 57mm (h)

カラー

ホワイト /チャコール

重量

ヘッドフォン:7g x2
充電ケース:61g
合計:75g

【PI5仕様】

技術的特徴

TrueWirelessTM Stereo Plusテクノロジー
Bluetooth 5.0 with aptXTM
アクティブ ノイズキャンセリング
ワイヤレス / USB-C ケーブルによる充電
急速充電

仕様

完全ワイヤレス インイヤー ヘッドフォン

対応コーデック

aptXTM
AAC
SBC

対応Bluetoothプロファイル

A2DP v1.3.1
AVRCP v1.6.1
HFP v1.7.1
HSP v1.2
BLE GATT (Generic Attribute Profile)

無線周波数帯域

Tx mode: 2402MHz to 2480MHz, ISM Band,
Rx mode: 2402MHz to 2480MHz, ISM Band

ドライブ ユニット

9.2mm ダイナミック ドライバー

マイク

左右にそれぞれ2つのマイクを内蔵
(通話およびノイズキャンセリング用)

周波数帯域

10Hz - 20kHz

歪率

<0.3% (1kHz/10mW)

バッテリー タイプ

充電式リチウムポリマー電池
(ヘッドフォン / 充電ケース)

バッテリー駆動時間

本体:最大4.5時間
充電ケース:20時間
合計:24.5時間

急速充電

15分充電で2時間再生可能

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電パッドでの充電に対応

防塵・防滴等級

IP54(ヘッドフォン本体のみ)

入力

Bluetooth

付属品

20cm USB-C to USB-C 充電ケーブル
イヤーチップ(S/M/L)

寸法 (充電ケース)

60mm (w) x 28mm (d) x 57mm (h)

カラー

ホワイト / チャコール

重量

ヘッドフォン:8g x2
充電ケース:61g
合計:71g

まとめ

B&W伝統のどっしりとした低域再現に加え、充電ケースがBluetoothトランスミッターになる(PI7のみ)というユニークさ。B&W PI5/PI7はこれまで完全ワイヤレスイヤホンにはあまり興味がわかなかった…という方にもぜひお試しいただきたい製品となっています。
発売は6月28日を予定、ご予約受付も開始しておりますのでぜひご検討下さい。

Bowers&Wilkins PI7 チャコール
>>オンラインショップで詳細を見る
Bowers&Wilkins PI5 チャコール
>>オンラインショップで詳細を見る

ブランド

Page Top