分類

分類

  •   
2023.11.24
専門店・プロレビュー,

Astell&Kern AK HB1 レビュー | マルチに活躍!解像感の高さと自然な音質のBluetoothレシーバーDACアンプ

Astell&Kern AK HB1 レビュー | マルチに活躍!解像感の高さと自然な音質のBluetoothレシーバーDACアンプ

Astell&Kern AK HB1をオーディオ専門店スタッフがレビューします。有線接続・ワイヤレスモード、カーモード搭載、さらにゲーミングDACとしても使用可能で、マルチに活躍するBluetoothレシーバーDACアンプを詳しく紹介します。

フジヤエービック店舗イメージ
▶この記事の監修
フジヤエービック(FUJIYA AVIC)
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。

▶SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

Astell&Kern(アステルアンドケルン)とは

2012年に韓国ソウルで設立されたHi-Fiオーディオブランド「Astell&Kern」は、ポータブル製品を中心に高く評価される、ポタオデファンなら誰もが知っているブランドです。

そんなポータブル製品を多く輩出するAstell&KernからBluetoothレシーバーDACアンプ「AK HB1」が登場しましたので音質を含めて詳しく紹介していきましょう。

Astell&Kern AK HB1とイヤホンを繋いでいるの画像
Astell&Kern AK HB1

Astell&Kern AK HB1の外観

フロント

Astell&Kern AK HB1のフロント側の画像

フロント側中央にAstell&Kernのメーカーロゴが入ったシンプルなデザインです。

ダイヤル

Astell&Kern AK HB1の側面の画像ボリュームダイヤルの画像

右側側面にボリュームダイヤル・操作ボタンが設置されています。50段階の音量調節が可能なボリュームホイールです。中央のペアリングボタンを2回短く押すとボリュームのロック、再度ペアリングボタンを2回短く押すとロックが解除されます。

ステータス情報

Astell&Kern AK HB1の側面のLEDランプ、ボタンのイメージ

ディスプレイはなく、本体側面のLEDランプで再生中のファイルタイプやバッテリー情報など、デバイスの現在のステータスの状態を表示します。

入力端子

Astell&Kern AK HB1底面の画像

入力は底面のUSB Type-C (UAC 1.0 / UAC 2.0 切替可能)で接続します。

出力端子

Astell&Kern AK HB1面の画像

出力は3.5mmのアンバランスと4.4mmのバランス接続に対応しています。

専用アプリ「AK Control」に対応

AK HB1は専用アプリの「AK Control」を使用することで便利にお使いいただけます。

アプリでできること
・バッテリー情報
・接続しているBluetoothコーデックの表示
・Bluetooth接続デバイスの優先順位の変更
・音量調整
・充電モード(スマート充電システム)の切替
・EQの設定(LDAC使用時はEQ設定は不可)
・カーモード設定
・自動電源オフ設定
・DACフィルター設定
・USBオーディオクラス(UAC)切替

付属品

Astell&Kern AK HB1の付属品

・USB Type-Cケーブル
・Type-Cデュアルノイズシールドケーブル
・Lightningデュアルノイズシールドケーブル

Astell&Kern AK HB1の特徴

内蔵DAC

DACは、統合型ICチップ、ESS社のES9281AC PROを搭載しています。

Bluetoothレシーバー機能

Astell&Kern AK HB1とイヤホンを接続した画像

Bluetoothバージョンは5.0、対応コーデックはSBC・AAC・aptX HD・LDACとなっています。

ゲーミングDAC機能

UAC2.0/UAC1.0切替機能搭載で家庭用ゲーム機との接続にも対応しています。

Astell&Kern AK HB1の音質レビュー

Astell&Kern AK HB1とスマートフォンとイヤホンを接続した画像

試聴環境

再生環境:Galaxy / S23 Ultraで再生アプリはSony Music Center
試聴イヤホン:64AUDIO Volur、qdc Hybrid Folk-S、SIMGOT EW200
試聴楽曲:緑黄色社会 「Shout baby」/ 月詠み「夢と知りせば」/ LiSA「Catch the Moment」/ Taylor Swift「Sparks Fly」/ 和楽器バンド「細雪」

有線接続モードで試聴

まずは、有線接続モードで複数のイヤホンと手持ちのType C to 3.5mm変換アダプタと比較試聴します。

【64AUDIO Volur】
ベースラインの重厚感が感じられつつ、楽曲全体の明瞭度・スピード感を損なうことなく一音一音の繊細さも丁寧に表現する絶妙なチューニングが特徴的ですが、分解能力がさらに向上し骨太なサウンドになります。楽器とボーカルの分離感と特徴的なベースラインもより肌に感じられるようになりました。AK HB1との相性が良さそうです。

【qdc Hybrid Folk-S】
音に艶感がありボーカルをメインで聴くのに適したイヤホンという印象でしたが、一音一音の音の輪郭がはっきりとし、ボーカルと楽器の分離感が向上したことにより、各楽器の動きが追いやすくなり、モニターライクな高解像度なサウンドになりました。

【SIMGOT EW200】
左右の分離感・解像度が向上しました。さらに、音にざらつきがあり荒っぽさが感じられる印象のイヤホンなのですが、それがなくなり、とても聴きやすくまとまりのあるクリアなサウンドになりました。分析的な鳴らし方でとても良いです。

ワイヤレスモードで試聴

続いて、ワイヤレスモード(LDAC)で試聴します。イヤホンの全体的な音質傾向は変わらず、解像度は高く分析的な鳴らし方をしますが、機械的ではなくより自然に表現しているように感じました。サーというホワイトノイズは気になりません。手軽に高音質で再生できるワイヤレスモードはやはり便利ですね。

製品仕様

DAC ESS ES9281AC PRO サイズ (W×H×D) 39.8mm × 68.4mm × 16.5mm
重量 約40g Bluetooth ver.5.0
Bluetoothコーデック SBC、AAC、aptX HD、LDAC 入力 USB Type-C (UAC 2.0 / UAC 1.0 切替可能)
出力 3.5mmアンバランス出力 (CTIA規格4極マイク・コントローラー入力対応)、4.4mmバランス出力(5極GND結線あり) 再生時間 約6時間 (AAC接続時)

【商品情報】Astell&Kern AK HB1

» 詳細を見る

Astell&Kern AK HB1

まとめ

今回は、3機種のイヤホンで試聴しましたが、有線接続モードの音の変化が大きく感じられました。どのモデルも共通して、解像度の向上と、より骨太な聴き応えのあるサウンドに変化し、物足りない苦手とするポイントをうまくフォローしています。

Astell&Kern AK HB1 は、
・ワイヤレスも有線も接続可能
・50段階の音量調節が可能なボリュームホイール
・USB Type-C (UAC 1.0 / UAC 2.0 切替可能)入力
・3.5mmのアンバランスと4.4mmのバランス接続に対応
・専用アプリ「AK Control」の使用が可能
・解像度が高く、分析的でいながら自然なサウンド

が特徴のBluetoothレシーバーDACアンプです。

機能面でも、有線接続・ワイヤレスモード、カーモード搭載・ゲーミングDACとしても使用可能で、マルチに活躍してくれるので、お手持ちのイヤホン・ヘッドホンの音質向上や利便性の向上を検討している方、ぜひ、お試しください。

Page Top