分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.03.28
イベント情報,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

「春のヘッドフォン祭2021オンライン」開催記念企画!秋のヘッドフォン祭2020オンラインを振り返る【前編】

残念ながら春の展示会開催は見送りとなってしまいましたが、2021年4月24日(土)に生配信イベント「春のヘッドフォン祭2021 ONLINE」を開催予定です!!直接製品に触れて音を確かめられるようなイベントを開催しにくい昨今ですが、このような状況下でもメーカー販社の方々は日々製品と向き合っている訳でして「この音を聞いて欲しい!」「この製品のココがスゴイんだよ!」というような思いは人一倍かと思います。是非ともその熱量を感じていただきたい!配信イベントだって負けてないよ!
そんな訳で、春のヘッドフォン祭ONLINEに備え、前回「秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE」を振り返り!!(強引…)

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE ご紹介製品

「秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE」

昨年11月の「秋のヘッドフォン祭2020 ONLINE」は、春に続き展示イベント「秋のヘッドフォン祭2020」が見送りになったため、配信イベントとして開催されました。
「春のヘッドフォン2020 ONLINE」でとても好評だった声優の「小岩井ことり」さんにスペシャルMCとして再び登場いただき、メインMCにはオーディオライターの「野村ケンジ」さんと更にパワーアップしての開催となりました。

配信トラブル!

当日の配信では接続障害により一時中断するなどのトラブルもありましたが、これも生配信ならではの醍醐味!と前向きにとらえて(その節はご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ありませんでした…)
配信機器点検中には急遽、出演者のヘッドホントークがあったりと 12:00~21:00+α(ちょっと?延長になりました)の長時間放送となりました。
当日ご視聴の方は文字通り、日が暮れるまでどっぷりとヘッドフォン、イヤフォントークに浸れたのではないでしょうか。

■ オープニング

・スペシャルMC

2020秋のヘッドフォン祭ONLINEのスペシャルMCは、2020春に引き続き声優の「小岩井ことり」さんです。
人気作品「のんのんびより」の『宮内れんげ』役でアニメファンにはおなじみの声優さんですが、知る人ぞ知る超スーパーウルトラ「ヘッドフォン/イヤフォン」ラヴァー。2020年には自らイヤホンの商品企画に参加されていたりします。 (→春のヘッドフォン祭2020 ONLINE)
とても多才な方で作曲や作詞なども手掛けられ、多方面で活躍中!!音に対する情熱、とにかくヘッドフォン/イヤフォン愛が溢れんばかりに伝わってきます。

・イベントMC

イベントMCはヘッドフォン祭で毎回お世話になっているオーディオビジュアル系ライターの「野村ケンジ」さん
さすがの知識でサポートいただき、各製品についてとてもわかりやすく解説していただきました。
秋のヘッドフォン祭2020 ONLINEではリアル展示会ではお馴染みの「のむらけ!」もオンライン出張版として開催されました!

そして司会はフジヤエービックのヘッドホン担当:根本でお送りしました。

オーディオテクニカ

国内メジャーブランドが秋の新製品について生解説!開発者秘話も飛び出す?!

まず最初に完全ワイヤレスイヤホン新製品3種のご紹介から、音にこだわりのモデル「ATH-CKR70TW」、装着感が高くスポーツなどアクティブなシーンに最適なモデル(IP55!)「ATH-SPORT5TW」、ユニークなデザインながら装着感にもこだわったカラバリ豊富なモデル「ATH-SQ1TW」のご紹介から。「ATH-CKR70TW」は通話性能も良くテレワークにも最適、小岩井さんからはめっちゃカッコイイとの声。
続いては満を持してのリリース、真空管をふんだんに使用した据え置き型ヘッドホンアンプ「AT-BHA100」とD/Aコンバーター「AT-DAC100」のご紹介。開発に携わった方も登壇し、野村さんと真空管についてのかなりコアな話も!手間のかかった製品調整、内容の本格さに比べてお手軽な価格と評判でした。縦置きが出来るのもポイント!
最近はスマホ聴きが主流ですが、ぜひ試して欲しいとのこと!!ヘッドホン「ATH-ADX5000」との組み合わせは抜群ですので、ぜひ店頭デモ機でお試し下さい!

■ オーディオテクニカ 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR70TW
>>オンラインショップで詳細を見る
■ オーディオテクニカ 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SPORT5TW
>>オンラインショップで詳細を見る
■ オーディオテクニカ 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW
>>オンラインショップで詳細を見る
■ オーディオテクニカ ヘッドホンアンプ AT-BHA100
>>オンラインショップで詳細を見る
■ オーディオテクニカ DAコンバーター AT-DAC100
>>オンラインショップで詳細を見る
■ オーディオテクニカ ヘッドホン ATH-ADX5000
>>オンラインショップで詳細を見る

TOP WING

海外の注目オーディオメーカーなら「TOP WING」におまかせ!

新製品目白押しの「TOP WING」。 まずはイギリスのIfi Audioから「ZEN CAN」のご紹介。今回初お目見えとなる「4.4 to 4.4 cable」は「ZEN CAN」と「ZEN DAC」をお手軽に接続することができ、音質に留意し構造にもこだわったケーブルとのことです。 そして新製品「micro iDSD Signature」のご説明、「micro iDSD BL」との違いやネーミングについての裏話も。続いて本邦初公開となる「NEO iDSD」、ミドルレンジラインの新シリーズとのことです。廉価モデルではめずらしいMQAフルデコーダーを搭載、SPDIFからもフルデコードできるとのこと。
イタリアM2TECHからはフルアナログヘッドホンアンプ「Marley MkII」と専用強化電源「Van der Graaf MkII JP Edition」のご紹介。 最後はLotooより、限定バージョン「PAW Gold TOUCH Titanium」チタンブロックから削りだしたというとてつもなく手間のかかったボディとのこと、内部回路も合わせて変更しているそう。

■ Ifi Audio ZEN CAN
>>オンラインショップで詳細を見る
■ Ifi Audio 4.4mm to 4.4mm cable
>>オンラインショップで詳細を見る
■ Ifi Audio micro iDSD Signature
>>オンラインショップで詳細を見る
■ Lotoo PAW Gold TOUCH Titanium
>>オンラインショップで詳細を見る

コペックジャパン

中国発・ポータブルオーディオの”いま”を詳しくお伝え!

コペックジャパンからはCayinの新製品「A02」と届いたばかりという国内初披露のアナログアンプ「C9」のご紹介。
「A02」はN6ii DAP用のオーディオマザーボードでラインアウトとプリアウト専用というライン出力に特化したユニークな製品とのことです。
注目の「C9」は最近めずらしくなってきたポータブルアナログアンプ。ユニークな特徴としてバッテリー部分の交換が可能。KORG製次世代真空管・Nutubeをペアで搭載しバランス出力が可能、ヘッドホン/イヤホンをパワーのあるアンプで楽しみたいという方に最適です。
また、Ausoundsイヤホンのお得な情報も飛び出しました。

KORG

ノイズキャンセルだけじゃない!現場で使えるワイヤレスヘッドホンの特徴とは?!

KORGブランドからはDJ向けの耳を守るためのヘッドホン「NC-Q1」のご紹介。外音を取り込みながらミキサーからのモニタリングが出来るというKORGならではの意欲的な製品です。ノイズキャンセリングで大音量による耳へのダメージを減らし、安定した音量でモニタリング出来ればDJパフォーマンスも更に向上するだろうというシーンを改善しようという志の高いヘッドホン!
VOXブランドのヘッドホン「VH-Q1」は外部音声とモニタリング音声をヘッドフォン内でバランス良く調整することが出来、ギター練習、ボイトレ等に最適なヘッドホンとのことです。開発時にVOXのクロスを再現しようとこだわった苦労話も披露いただき、製品への見方が変わります。

ダルマオーディオ

中国・深セン発のイヤホンメーカーが今回もONLINE出演!気になる最新情報も!

ダルマオーディオのご紹介にはじまり、新製品「Vento Conductor T-500Pro」のご紹介。自社開発、独自素材を振動版に採用したダイナミックドライバ搭載。ダルマオーディオの音が好みという小岩井さんのコメントも!
また、イヤーチップセットのご紹介や声優「山崎はるか」さんとのコラボレーションモデルも登場。

■ DARUMA AUDIO Vento Conductor T-500Pro BK
>>オンラインショップで詳細を見る
■ DARUMA AUDIO Vento Conductor T-800
>>オンラインショップで詳細を見る

final

ハイクラスから入門機まで幅広く人気の国内ブランド・finalが放つ”次の一手”とは?!

final大好きっ子の小岩井さんを交え、まず「A4000」「A3000」についてご紹介。今回2pin採用になった訳や、MMCXを巡る秘話も!独自開発の自社製造ドライバー、筐体デザインへのこだわりも語っていただきました。
そして、人気沸騰中の「VR3000」リモコンマイクを搭載しゲーミングにも対応したイヤホン。「E500」の技術を取り込みさらに進化しているとのこと。「空間を感じられるってめちゃくちゃいいですよね~」と、ご自身でASMRレーベル『kotoneiro』をプロデュースしている小岩井さんらしい感想も。

■ final A4000【FI-A4DPLDN】
>>オンラインショップで詳細を見る
■ final A3000【FI-A3DPLMB】
>>オンラインショップで詳細を見る
■ final VR3000 for Gaming 【FI-VR3DPLMB】
>>オンラインショップで詳細を見る

ナイコム

ついにあの老舗からも完全ワイヤレスイヤホンが!そのアメリカンな魅力を語ります

Grado Labsはアメリカのブルックリンを拠点にした老舗メーカー。まずは期間限定のヘッドホン「The Hemp Headphone」から、長年の木材研究より得られた知見より「麻」とメイプル材と組み合わせたハイブリッド構造のハウジングを採用。ナチュラルなサウンドと広いサウンドステージが特徴とのことです。
「正直、麻という素材は日本で難しいのでは?」の問いに「プレスリリースを見た時点では日本に入れられるかな」の不安があったそうですが、アメリカでは去年あたりよりエコな木材として注目されているそうでまったく問題無いとのこと。
続きましてGRADO初の完全ワイヤレスイヤホン「GT220」をご紹介いただきました。開発に2年を費やし音質を追求、GRADOロゴを大きくあしらったポリカーボネートの筐体は軽く耐久性にも優れています。サウンド面はアナログ的、中低域の存在感が目立つようなGRADOらしい音とのこと。
「あのGRADOサウンドが密閉型の完全ワイヤレスで再現出来ているのか」の問いに「アナログ的なサウンドは十分生きています」ぜひ試聴してみてください。

ミックスウェーブ

実力派IEMブランドを束ねるミックスウェーブ、今回も驚きの新製品情報が…?

ミックスウェーブからは完全に新しいものをご紹介!!FAudio「PROJECT Y」とは?
「PROJECT Y」はFAudio5周年を記念して遂に製品として正式リリースされるフラグシップモデル、ドライバ構成「静電型2基、フルレンジBA2基、Mid-High BA2基、9.2mmダイナミックドライバ-」の全部入り!を始め「PROJECT Y」の気合の入ったスペックをご紹介いただきました。【世界限定399set】だそうです
Campfire Audioからも新製品のチラ見せが…

634ears

いまやイヤホンは木材をも好みで選ぶ時代に突入?!注目のビルダー再登場!

「634ears」はお客様からのオーダーでイヤホンを作成するビルダーさん。
その「634ears」から注目の2機種「OBER-S」「OBER-SS」をご紹介!!
そして新モデル「8iTE(エイト)」をから3種類をその特徴について詳しくご紹介いただきました。
・「8iTE-S」ステンレス + ウッド
・「8iTE-B」BRASS(真鍮)ステンレス + ウッド
・「8iTE-S」チタン + ウッド
>『 634ears 』さんのサイトはコチラ

おすすめ

Page Top