分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.04.23
新製品情報,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

Astell&Kern(アステルアンドケルン)初のDACモジュール交換式ハイレゾ対応DAP「A&futura SE180」ご予約開始!紹介動画公開!

DACモジュールが交換可能というAstell&Kern(アステルアンドケルン)の「A&futura(エーアンドフューチュラ)」シリーズ第3弾「A&futura SE180」、専用DACモジュール「SEM2」、専用リアルレザーケース「A&futura SE180 Case」がご予約開始となりました!注目の商品の特徴をご紹介します。

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内はこちら
オンラインストアはこちら

Astell&Kern A&futura SE180

Astell&Kern(アステルアンドケルン)とは?

2012年に韓国ソウルで設立されたHi-Fiオーディオブランド。高品質な素材と最先端のオーディオ技術を融合させたAstell&Kern(アステルアンドケルン)。ポータブルオーディオプレーヤー、ヘッドホン・イヤホン、ホームオーディオシステムなど、妥協のないオーディオ品質をユーザーへ提供し続けています。
Astell&Kernプレーヤーのプレミアムライン「A&futura」は最初の製品となる「A&futura SE100」を2019年に発表。

A&futura SE100
A&futura SE100

今回は、シリーズの第3弾となる「A&futura SE180」の特徴をご紹介します。

交換可能なDACモジュール「SEM1」

DACモジュールイメージ

SE200で導入されたマルチDAC(左右独立したデュアルDAC構成)を継承し、発展させたAstell&Kernプレーヤー史上初のDACモジュール交換式を採用。モジュールごとに異なるDACとアンプの構成、チューニング、出力を選択しプレミアムな体験が可能になります。デフォルトモジュールの「SEM1」には、プレミアムホームオーディオ機器に採用されてきた8ch DACのESS社製ES9038PROがシングル構成で搭載されています。SEM1では広いダイナミックレンジとシャープなディテールを実現すると共に、PCM最大384kHz/32bit、DSD256のネイティブ再生が可能です。

SEM1ではPCM最大384kHz/32bit、DSD256のネイティブ再生が可能です。また、3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。

サウンドソリューションTERATON ALPHA(テラトン・アルファ)

TERATON ALPHAイメージ

Astell&Kernが開発した特許技術・主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」がモジュールには組み込まれています。効果的なパワーノイズ除去、効率的な電源管理、歪を最小限まで抑えた増幅などにより、オーディオ出力インターフェースから元の音に近いオーディオ再生を実現。

アンプ機能を一新

SE180は、新たに次世代のアンプテクノロジーを採用。オペアンプパーツの選定から回路設計、基板レイアウト、チューニングに至るまで一新し、この次世代アンプテクノロジーによって、課題となっていた出力を上げながらS/N比を向上させ、S/N比129dBを実現しています。また、ノーマルゲインとハイゲインの切り替えも可能です。

アップグレードされた機能とは?

ナビゲーションバーによる操作性の向上

Androidスマートフォンと同等の操作性を実現するために、Astell&Kernプレーヤー初となるナビゲーションバーを搭載。ワンタッチで簡単にナビゲートでき、どの画面からでも音楽再生情報を確認、操作できるようになりました。また、新しいワンスワイプ機能では、スワイプによって前の画面に移動できます。

ワイヤレスでの転送が楽しめる「AK File Drop」

同じネットワーク上にあるPCやスマートフォン、FTPプログラムなどを使用して、ワイヤレスで自由にファイル転送ができる新機能「AK File Drop」を搭載。音楽ファイルの管理をケーブルレス、ワイヤレスで可能にします。

Bluetoothレシーバー機能「BT Sync」搭載

SE180はBluetooth5.0を搭載し、SBCやAACの他、aptX HDやLDACコーデックに対応。更に新機能「BT Sync」を搭載。スマートフォンなどの外部機器からの音楽をBT Sync機能を使用し、BluetoothレシーバーとしてSE180から再生することが可能です。

その他主な機能

・内蔵メモリ256GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
・USB Type-C(USB 3.0サポート)による急速充電、高速データ転送に対応
・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
・USBデジタルオーディオ出力機能対応
・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
・MQAフォーマット音源の再生に対応
・動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能対応
・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
・カーモード機能対応
・AK CD-RIPPER(別売)に対応

Astell&Kern A&futura SE180 SEM1 Moon Silver
>>オンラインショップで詳細を見る

専用DACモジュール「A&futura SEM2」

SEM2は、SE180用の交換用オールインワンモジュールです。AKM AK4497EQをLR独立させたデュアル構成で搭載。SE180デフォルトのSEM1(ES9038PRO×1)とは異なるサウンドとオーディオ性能を提供します。SEM2ではPCM最大768kHz/32bit、DSD512のネイティブ再生が可能です。また、SEM2は3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。

本体とオールインワンモジュールを物理的に分離することで、電源ノイズやRFノイズを完全に遮断しし、ノイズが音楽再生の妨げにならない独立した構造を実現します。

Astell&Kern A&futura SE180 SEM2 DAC Moon Silver
>>オンラインショップで詳細を見る

専用ケース「A&futura SE180 Case」

プレーヤー全体を包み込むフルガードタイプを採用し、本体をしっかりと保護すると同時にデザイン性と美しさを兼ね備えています。Minerva製のベジタブルタンニングレザーを採用し、使い込むほどに艶が出てきます。
素材:Minerva製ベジタブルタンニングレザー
カラー:Black

Astell&Kern A&futura SE180 Case Black
>>オンラインショップで詳細を見る

まとめ

DACモジュール交換ができるDAP「A&futura SE180」をご紹介しました。このような交換式のデジタルオーディオプレーヤーが主流になっていくのか注目したいところです。
「A&futura SE180 SEM1 Moon Silver」、専用DACモジュール「A&futura SEM2 DAC Moon Silver」、専用ケース「A&futura SE180 Case」は5月21日発売予定です。フジヤエービックでは下取り交換サービスをご利用で¥5000キャッシュバック対象でお得に購入ができます!ぜひチェックしてみてください。

春のヘッドフォン祭2021 ONLINEでA&futura SE180をご紹介いただきました!

Astell&Kern A&futura SE180 SEM1 Moon Silver
>>オンラインショップで詳細を見る
Astell&Kern A&futura SE180 SEM2 DAC Moon Silver
>>オンラインショップで詳細を見る
Astell&Kern A&futura SE180 Case Black
>>オンラインショップで詳細を見る

ブランド

Page Top