分類

分類

  •   
2023.11.30
専門店・プロレビュー,

AirPods Proと他社のワイヤレスイヤホンを音質比較 | オーディオ専門店スタッフがレビュー

AirPods Proと他社のワイヤレスイヤホンを音質比較 | オーディオ専門店スタッフがレビュー

AirPods Pro(第2世代)とSONY、SENNHEISER、Technics、finalのフラッグシップワイヤレスイヤホンとの音質を比較レビューします。また、AirPods Proの特徴や性能、人気の理由を含めて詳しく解説します。

フジヤエービック店舗イメージ
▶この記事の監修
フジヤエービック(FUJIYA AVIC)
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。

▶SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内はこちら
オンラインストアはこちら

圧倒的人気のワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」をはじめとするAppleのワイヤレスイヤホンシリーズを、iPhoneと組み合わせて使うため、あるいは空間オーディオを聴くために使用しているという方が多いのではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホンはAirPods Pro以外にも国内外の多くのオーディオメーカーからたくさん販売されています。「AirPodsシリーズを使っているけど他社のワイヤレスイヤホンはどうなの?」という方に今回は、他社のワイヤレスイヤホンと音質を比較しながら紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

AirPods Pro(第2世代)の特徴

まずは、AirPods Pro(第2世代)の特徴から紹介していきましょう。

定評のあるノイズキャンセリング

AirPods Pro(第2世代)の画像

元々定評のあったノイズキャンセリング機能ですが、前世代の2倍となったという強力なノイズキャンセリング性能は、説明の通りノイズキャンセリングをオンにすると一瞬で静寂に包まれるような感覚を覚えます。

H2チップ搭載

AirPods Pro(第2世代)のイヤホン本体の画像

このノイズキャンセリングと音質を制御する重要な役割を果たしているのが、AirPods Pro(第2世代)に搭載されたH2チップです。

特別に設計されたアンプやドライバと連携し、低音はより豊かに、高音はよりクリアで深みのある音を忠実に再現します。また、H2チップの搭載でApple製品との接続性がさらに向上しました。

ふわっとした着け心地

AirPods Pro(第2世代)のイヤホン本体イヤーピースの画像

ノイズキャンセリングは耳を密閉させるのでイヤーピースによっては疲れてしまうということがありますが、AirPods Proのイヤーピースは、柔らかくふわっとした着け心地で密閉感が強くなく、長時間の使用でも疲れにくいのではないでしょうか。

適応型環境音除去機能

外部音取り込みモードの注目の機能のひとつに適応型環境音除去機能があります。85dBを超える大きさの音は自動的に軽減し、それ以下の音は、大きさのレベルをキープするという機能です。

充実した機能性

その他にも、装着したユーザーの頭と体が向いている方向を感知して、音が聞こえてくる向きも変わるというダイナミックヘッドトラッキングや、イヤホン本体のスワイプによる音量操作など使いやすく充実した機能が搭載されています。

AirPods Pro が人気の理由は?

AirPods Proは、第二世代となり、ますます人気となっており、高いシェア率を獲得しています。その人気の理由はどのようなところにあるのでしょうか。

Apple製品との相性

AirPods Pro(第2世代)とiPhoneを接続している画像

AirPodsシリーズに共通して、人気の理由はiPhoneやiPadなどApple製品との相性の良さが挙げられます。

通常のワイヤレスイヤホンはBluetoothでペアリングをして使用します。複数のデバイスに同時接続するマルチポイント機能も2台までというものがほとんどですが、AirPodsはiPhone、iPad mini、Macの3台同時に切り替えが可能です。さらに再生しているデバイスを検知して自動で切り替えされます。

また、AirPods Pro(第二世代)は、イヤホンを無くしてしまった!という場合にもiPhoneの「探す」アプリを使用することで、どの場所にあるかを探すことが簡単になり、イヤホンケースに内蔵されたスピーカーから音が出るように進化しました。

こういった高い機能性と普段使用しているスマホとの相性の良さがAirPodsシリーズの人気の理由といえるでしょう。

AirPods Pro(第2世代)の音質レビュー

AirPods Pro(第2世代)とiPhoneの画像

ノイズキャンセリング

アクティブノイズキャンセリングをオンにすると、一瞬で静寂が訪れるようです。一世代前より2倍という説明の通り驚きの感覚です。

音質

Appleのイヤホンに共通するところではありますが、原音を全音域で最大化する印象は変わらず、さらに臨場感を高めるための定位の良さ、中低音域のボリューム感を感じます。アクティブノイズキャンセリングと相まって没頭する感覚はワイヤレスイヤホン随一ではないでしょうか。

AirPods Pro(第2世代)のデメリット

AirPods Proが第2世代となり、第1世代で不満の多かった連続再生時間は4.5時間→6時間に、イヤホン本体での音量調整が可能となり、使用感が改善がされていますが、デメリットも挙げておきましょう。

汚れが付きやすい

AirPods Pro(第2世代)のケースの画像

AirPods Proは、イヤホン本体、ケース共に白くツルっとした質感です。そのため汚れが目立ちやすいです。専用のケースカバーやアクセサリーがたくさん販売されていますが、わざわざ購入しなくてはならないので、汚れが目立ちにくいケースであれば...という不満の声も聞かれます。

LDAC・aptX adaptive非対応

iPhoneを手に持った画像

AirPods ProでApple Musicをハイレゾ音質で楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。ハイレゾ相当の音質で聴くためには、Bluetoothコーデックがハイレゾ相当の伝送可能なLDAC、aptX adaptiveが対応である必要がありますが、残念ながらAirPods Proは、SBC、AACのみとなっています。

ハイレゾ相当の音質で楽しみたいという場合は、対応しているワイヤレスイヤホンを選びましょう。

AirPods Proと他社のワイヤレスイヤホンを機能比較

AirPods Proと他社のワイヤレスイヤホン4種の画像

ご紹介した通り、AirPods ProはiPhoneとの相性の良さや便利な機能、強力なノイズキャンセリングなどが選ばれる理由となっていますが、他社のワイヤレスイヤホンも優れた機能性や音質で人気を集めている製品が数多く販売されています。

近年特に人気のワイヤレスイヤホン4種と比較してご紹介していきます。

AirPods Pro(第2世代)

SONY WF-1000XM5

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

Technics EAH-AZ80

final ZE8000MK2

AirPods Pro(第2世代)商品イメージ
SONY WF-1000XM5商品イメージ
SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3商品イメージ
Technics EAH-AZ80商品イメージ
final ZE8000MK2商品イメージ
ノイズキャンセリング性能

コントロールセンターからレベル調整

行動パターンによる自動調整・20段階調整

周囲の音に応じて自動化するアダプティブノイズキャンセリング

デュアルハイブリッドノイズキャンセリング

圧迫感のないノイズキャンセリング

外音取り込み機能

適応型環境音除去機能

クイックアテンションモード・20段階調整

音量調整可能

トランスペアレント・アテンション

4つのモード切り替え

空間オーディオ

空間オーディオ対応・ダイナミックヘッドトラッキング機能

360 Reality Audio・Android ヘッドトラッキング

-

-

-

マルチポイント

対応(Apple製品間のみ)

対応

対応

3台同時接続対応

対応

音質・ドライバー

11mm口径ドライバー

8.4mm口径ドライバー

7mm口径のダイナミックドライバー

10mm口径ドライバー

8K SOUND

イヤホン重量

約 5.3 g

約 5.9 g

約 5.8 g

約 7 g

-

最大再生時間

最大約6時間/ 最大30時間(ケース込み)

最大約6時間 (NCオン) /最大約24時間(ケース込み)

最大7時間(NCオン) / 最大28時間(ケース込み)

最大約7時間(NCオン)、最大約24時間(ケース込み)

最大約5時間、最大約15時間

Bluetooth

Ver.5.3

Ver.5.3

Ver.5.2

Ver.5.3

Ver.5.2

対応コーデック

SBC、AAC

SBC、AAC、LDAC、LC3

SBC、AAC、 aptX、aptX adaptive

SBC、AAC、LDAC

SBC、AAC、aptX、 aptX Adaptive

耐汗耐水性

IP54

IPX4

IPX4

IPX4

IPX4

AirPods Pro(第2世代)と SONY WF-1000XM5を音質比較

AirPods Pro(第2世代)と SONY WF-1000XM5の画像

4代目となるソニーのワイヤレスイヤホン最新モデル!SONY WF-1000XM5

大幅に小型化され装着感がさらにアップしたボディや8.4mm径ダイナミックドライバーを搭載など、外見・中身とも驚きの進化をとげました。

統合プロセッサーは新開発の「統合プロセッサーV2」に進化、さらに「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN2e」を加えたデュアルプロセッサー構成となり処理能力が向上したことで、ノイズキャンセリング・通話もさらに快適になりました。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングをオンにすると車の騒音はスッと消えてバイクの音はラジコンほどの音になります。アプリを使用することで周囲の音に応じて自動化するアダプティブノイズキャンセリングの設定が可能となっており、ノイズキャンセリングの機能性の高さは群を抜いているのではないでしょうか。

音質

パンチのある低音域とノリが良さに加えて、広い空間表現と立体感があるので全体的に臨場感のあるサウンドを楽しめます。AirPods Proと比較するとSONY WF-1000XM5の方が低音域の量感と全体的な音の広さがあるのではないでしょうか。

こんな人におすすめ!
・ノイズキャンセリングの機能性を重視したい
・低音の効いたサウンドが好み

【商品情報】SONY WF-1000XM5

» 詳細を見る

SONY WF-1000XM5

AirPods Pro(第2世代)と SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3を音質比較

AirPods Pro(第2世代)と SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3の画像

装着感とノイキャンが向上した完全ワイヤレスイヤホンの定番モデルMOMENTUM True Wireless 3

前作からノイズキャンセリング機能が大幅にアップデート、耳の近くでノイズを拾うためのマイクを搭載した「フィードバック方式」に加えて、周囲の騒音レベルに合わせてノイズキャンセルの度合いを自動調整するという「アダプティブノイズキャンセリング」機能を搭載し、組み合わせることでより一層高い効果を生み出しています。

シリコン製の装着サポートパーツ、「イヤーフィン」が追加されたほか、やや四角い感じのハウジングへと、形状が大きく変更され、装着感においても大きく進化しています。

ノイズキャンセリング

強力なノイズキャンセリングというよりは、自然に騒音や雑音が気にならないくらいの静けさになります。環境に応じてノイズキャンセリングのレベルを調整するアダプティブノイズキャンセリングも搭載しており、AirPods Proと比較すると強力さはないものの、音楽を楽しむためのノイズキャンセリングといった印象です。

音質

定評のあるゼンハイザーの柔らかく深みのある中低域をメインとした音作りはそのままに、タイトで芯のある低域とヌケ感ある高域とが新たに加わったことで全体的にはフラット方向のサウンドバランスです。

こんな人におすすめ!
・自然なノイズキャンセリングが良い
・音楽をじっくり楽しみたい

【商品情報】SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

» 詳細を見る

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3の中古品を探す

» 詳細を見る

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3の中古商品画像

AirPods Pro(第2世代)と Technics EAH-AZ80を音質比較

AirPods Pro(第2世代)と Technics EAH-AZ80の画像

テクニクスの最上級ワイヤレスイヤホンTechnics EAH-AZ80

前作のEAH-AZ70から大幅にパワーアップしたテクニクスのフラッグシップワイヤレスイヤホンです。

マルチポイントに3台まで対応、独自のフィードフォワード方式とフィードバック方式を組み合わせたデュアルハイブリッドノイズキャンセリングを搭載など充実した機能性と解像度の高いがサウンドで2023年最も注目されているワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセルをオンにすると周囲の音がほとんど気にならないレベルに消える感覚で、救急車のサイレンや女性の声などの高音は薄く遠くに聞こえるような印象に変ります。AirPods Proと比較すると、若干音が残るような感覚ですが、充分強力なノイズキャンセリングと言っていいのではないでしょうか。

音質

解像感と粒立ちの良いサウンド、中音域の密度の高さと分離の良さがありながら、低音域にも余裕があるため、広く心地よいサウンドです。AirPods Proと比較するとTechnics EAH-AZ80はより一層解像感の高さと全体的な余裕を感じます。

こんな人におすすめ!
・強力なノイズキャンセリングが良い
・粒立ちが良く解像感のあるサウンドが好み

【商品情報】Technics EAH-AZ80

» 詳細を見る

Technics EAH-AZ80

AirPods Pro(第2世代)と final ZE8000MK2を音質比較

AirPods Pro(第2世代)と final ZE8000MK2の画像

8K SOUNDが進化!改良されたfinalのフラッグシップワイヤレスイヤホンZE8000MK2

「圧倒的な情報量で一見どこにフォーカスすれば良いのかわからないが、逆にどこにフォーカスしてもハイクオリティな音」という「8K SOUND」をコンセプトに従来に比べて音楽が圧倒的に高精細に聴こえるという「f-CORE for 8K SOUNDドライバー」を搭載しています。

ハードウェアとソフトウェアの両面において改良され、音質のためのワイヤレスイヤホンはM2になっても健在です。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセルは、車の走行音などの大きい音が薄まるような感覚です。全ての音を消すようなタイプではなく、音楽を楽しむための自然なノイズキャンセルという印象です。

音質

クリアでスッキリとした音質傾向で、低音域はタイトでありながら自然な音の広がりを楽しめます。AirPods Proと比較するとfinal ZE8000MK2は、全体的にクリアでナチュラルなサウンドです。

こんな人におすすめ!
・ノイズキャンセリングにこだわらない
・クリアなサウンドが好み

【商品情報】final ZE8000MK2

» 詳細を見る

final ZE8000MK2

まとめ

AirPods Proと人気のワイヤレスイヤホンを比較紹介しました。

・AirPods Proの人気の理由はApple製品との相性の良さ
・機能性の高さと高音質で選ぶならSONY WF-1000XM5がおすすめ
・強力なノイズキャンセリングと解像感の高い音質で選ぶならTechnics EAH-AZ80がおすすめ
・自然なノイズキャンセリングでじっくりと音楽を楽しみたいならSENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3がおすすめ
・ノイズキャンセリングにこだわらず、クリアなサウンドが好みならfinal ZE8000MK2がおすすめ


たくさん販売されているワイヤレスイヤホンの中から選ぶのは大変ですが、この記事を参考にご自身に合ったワイヤレスイヤホンを選んでみてください。

■ 関連商品はこちら
>>ワイヤレスイヤホン商品一覧

イヤホンメーカーとワイヤレスイヤホンメーカーのおすすめ22選 特徴を解説

» こちらの記事を見る

 イヤホンメーカーとワイヤレスイヤホンメーカーのおすすめ22選 特徴を解説 ブログイメージ
Page Top