1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン
1,000円OFFクーポンもらえる!新規会員登録キャンペーン

分類

分類

  • 春のヘッドフォン祭2021 ONLINE
2021.07.25
ランキング・おすすめ,初心者向けガイド,
フジヤエービック FUJIYA AVIC

【最新】ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ15選!選び方も解説

おすすめのノイズキャンセリング機能付きイヤホンを知りたい!周りの騒音をほぼ無くして曲や作業に集中できる、そんな魔法のイヤホンが欲しいけれど種類がたくさん。
イヤホンを選ぶときに確認すべきポイントとおすすめのイヤホンを15種類ご紹介します。

■この記事の監修 フジヤエービック
フジヤエービックは販売・下取・買取をWEBサイトでスピード対応。1,000点以上の中古在庫検索、最新のヘッドホン・イヤホンの購入、オーディオプレーヤーやハイレゾ対応機器などのお悩み相談、下取・買取についてなどお気軽にお問い合わせください。
■SHOP INFORMATION
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

ノイズキャンセリング機能は、新幹線や飛行機内にいても騒音を小さくし音楽に集中させてくれる画期的な機能!
この機能が非常に人気で各メーカーがこぞって素晴らしいイヤホンを生み出しています。
さらにノイズキャンセリング機能だけでなく音質の高さもかなりの進化を遂げているため、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
そこで、自分にピッタリなイヤホンを選ぶために見極めるポイントをご紹介します。
また、見極めポイントを満たすノイズキャンセリング機能付きイヤホンを厳選しましたので、ぜひこの中からお気に入りの一品を探してみてください。


ノイズキャンセリング機能とは?

ノイズキャンセリングイヤホンイメージ

ノイズキャンセリングとは、雑音や騒音などのノイズを打ち消す"キャンセルする"という技術。ノイズキャンセリング機能は、人が耳障りに感じやすい騒音を低減させる機能のことを指します。
また、周囲の音がカットされるため音量を上げ過ぎなくてもクリアな音質で聴き取れるので耳にも優しいというメリットもあり、周囲の騒音を気にせず音楽などを楽しみたい時や、仕事や勉強に集中したい時に使用するためノイズキャンセリング機能付きのイヤホン、ヘッドホンを選ぶ方が増えています。
 

ノイズキャンセリング機能の仕組み

ノイズキャンセリング機能には、イヤホンやヘッドホンの形状や材質を工夫することで、遮音性を高めるパッシブノイズキャンセリングとデジタル処理によって雑音を打ち消すアクティブノイズキャンセリングの2種類あります。この2つを組み合わせたイヤホンを一般的にノイズキャンセリングイヤホンといいます。
 

アクティブノイズキャンセリング(ANC)とは?

アクティブノイズキャンセリング機能付きのイヤホン、ヘッドホンには外部のノイズを集音するためのマイクが搭載されていて、そのマイクに収音したノイズとなる外音の音波と真逆の音波を発生させて掛け合わせることで、打ち消し合うことでノイズを低減させる仕組みのことをいいます。
 

パッシブノイズキャンセリング(PNC)とは?

イヤーピースやイヤーパッドを耳にフィットする形状にしたり、素材を工夫したりして、音の発生源と耳との間に物理的な壁を作り、音の発生源と耳の間を完全に遮断することで騒音を低減させる仕組みのことをいいます。
 

自身に及ぼす影響と注意点

ノイズキャンセリング機能は周囲の騒音をカットしてしまうため回りへの注意が薄れる危険があります。また、道路等での使用は道路交通規則違反になる場合もありますので注意しましょう。

ノイズキャンセリング機能つきイヤホンの費用相場

ノイズキャンセリング機能つきイヤホンの費用相場イメージ

ノイズキャンセリングイヤホンの価格帯は機能や音質などにより差がありますがおおよその目安としては、

・ノイズキャンセリング機能の質の高さと音質重視(ハイレゾなど):2万円から5万円
・完全ワイヤレスイヤホン:1万円から2万円
・有線または完全ワイヤレスにこだわらない場合:3,000円から1万円となります。

しかし、価格が高いからといって必ずしもご自身にとって使い勝手がいいとは限りません。ご利用のシーンや機能等を参考に選びましょう。

ノイズキャンセリング機能つきイヤホンを選ぶポイント

ノイズキャンセリング機能つきイヤホンを選ぶポイントイメージ

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンは商品によって特徴があります。電車などの移動で使用するなら外音取り込み機能付きのもの、長時間使用するならバッテリーが長持ちするもの、オンライン会議で使用するならマイク機能付き等、ご利用の用途に合わせて選ぶのがポイントです。
 

音質の良さ

ハイレゾで音を楽しむならハイレゾ相当の音質を、Bluetoothで飛ばせる「aptX HD」「LDAC」対応のワイヤレスイヤホンを選びます。
また、搭載のドライバ、イヤーピース等によっても音の違いがありますのでお好みに合わせてお選びください。可能なら店頭でお聴き比べしてお選びください。
 

装着感はどうか?

イヤホンは耳にうまくはまっていないと、騒音が入ってしまったり、耳から外れやすくなってしまったりして音を楽しむことができません。イヤーピースが最適なサイズか、装着したときに重く感じないか確認します。
 

遮音性は優れているか?

ノイズキャンセリング機能付きイヤホンはノイズキャンセリング機能に定評のあるSONY、業務用ヘッドセットで業界最大手のJabraなど数多くのメーカーから発売されていますが、ノイズキャンセリング機能は高度な技術を要すること、また、騒音低減、遮音性能は数値化されていないことから明確に言えるものではありませんが、通常のイヤホンよりも高価になる傾向があります。
 

外部音取り込み機能有無

外部音取り込み機能とは、外部音取り込み機能対応のイヤホンやヘッドホンに内蔵されている集音マイクにより音を取り込み、周囲の音を聞き取りやすくする機能です。電車アナウンスを聞き逃さないようにしたい場合などに使いたい場合は外部音取り込み機能があるものを選びましょう。
 

通話機能の有無

テレワークやWeb会議などでのご利用なら通話機能が付いているイヤホンが便利です。通話機能の有り無しを確認しましょう。
 

バッテリーの持続時間

ノイズキャンセリング機能は集音用のマイクを駆動しながら音楽を再生する特性から搭載されていないタイプよりも電池が消耗する傾向があります。ノイズキャンセリングON、OFF時の電池持続時間を事前に確認しましょう。
 

コスパの良さ

ここまでご紹介してきたポイントの他にもスポーツ用途に使いたいなら汗に強い防水・防塵対応のものやワイヤレスチャージ機能搭載など、商品によって特徴が異なります。価格以上の価値を感じられるかもしれませんので、ご自身に合ったお気に入りのイヤホンを探してみてください。

おすすめのノイズキャンセリング機能つきワイヤレスイヤホン15選

Bose(ボーズ)QuietComfort Earbuds

Bose QuietComfort Earbuds
Bose QuietComfort Earbuds

定評のあるノイズキャンセリングヘッドホンシリーズ「QuietComfort(クワイアットコンフォート)」の技術を搭載。アクティブ、パッシブ両方のノイズリダクション技術を活用、高度な独自の手法をアクティブノイズリダクションに用いており、イヤホンの内側と外側両方に音を検知するためのマイクが取り付けられ、イヤホン内部の電子システムがノイズを検知し、測定、比較、そして瞬時にノイズと逆位相のキャンセル信号を生成します。
パッシブノイズリダクションは、音響構造と独自のイヤーチップデザインの組み合わせによって実現されています。耐汗耐水性能はIPX4、急速充電対応など、機能性も充実した完全ワイヤレスイヤホン。

【中古商品情報】Bose(ボーズ) QuietComfort Earbuds

» 詳細を見る

イメージ

Bang&Olufsen(ビーアンドオー)Beoplay EQ

Bang&Olufsen Beoplay EQ
Bang&Olufsen Beoplay EQ

BANG&OLUFSEN初のアクティブノイズキャンセリングイヤホン。第3世代まで続いたモデル・E8の人気を受け継ぐかのようにこちらも大人気!4基のマイクが搭載されており、高度な通話品質が可能。
また、トランスペアレンシーモード(外音取り込みモード)用に2基のマイクと併せて計6基のマイクが搭載され、テレワークでのご利用もおすすめです。

【商品情報】Bang & Olufsen(ビーアンドオー) Beoplay EQ

» 詳細を見る

イメージ

SONY(ソニー)WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4
SONY WF-1000XM4

ノイズキャンセリング機能つき完全ワイヤレスイヤホンの代表格、SONYの最新完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM4は待望のLDACにも対応!
その他圧縮音源をハイレゾレベルにアップスケーリングする「DSEE HX Extreme」機能やノイズアイソレーションイヤーピース専用のスマホアプリを使うことでいま装着しているイヤーピースでしっかり密閉されているかをチェックできる機能など多彩な機能が満載。

【商品情報】SONY(ソニー)WF-1000XM4

» 詳細を見る

イメージ

【試聴レビュー】SONYの最新完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000XM4はこんなにもスゴかった!待望のLDACにもついに対応!

» こちらの記事を見る

イメージ

Jabra(ジャブラ)Elite 85t

Jabra Elite 85t
Jabra Elite 85t

独自のマイクテクノロジーによるノイズキャンセリング機能や通話機能を搭載しながら、大口径12mmドライバー搭載の高音質イヤホン。
高性能なデジタルアクティブノイズキャンセリング (ANC)には各イヤホンの2つのマイク(耳の外のノイズを低減するマイク、耳の中のノイズを低減するマイク)を搭載し左右2つずつのマイクで行うハイブリッド方式を採用、ノイズを遮断します。ノイズキャンセリング機能は11段階のサウンドレベル 、音量の変化を耳が感じられるようフル ANC からフルHearThroughまで調整可能です。

【商品情報】Jabra(ジャブラ) Elite 85t

» 詳細を見る

イメージ

AVIOT(アビオット)TE-D01t

AVIOT TE-D01t
AVIOT TE-D01t

AVIOT TE-D01tはハイブリッドアクティブノイズキャンセリング搭載モデル。イヤホン単体最大18時間再生可能な大容量バッテリーと新開発という大口径10mmドライバーを搭載しながら、コンパクトなサイズに。ワイヤレスチャージング機能や、風雑音抑制モードなどの機能を搭載。
コスパと機能性を実現したAVIOTの最新ワイヤレスイヤホン。

【商品情報】AVIOT(アビオット) TE-D01t

» 詳細を見る

イメージ

AVIOT(アビオット)TE-D01q

AVIOT TE-D01q
AVIOT TE-D01q

AVIOTからもう一点、AVIOTの新エントリーモデルのTE-D01q、大口径10mmドライバーを搭載しながら、片耳約5.5gと小型軽量化を実現。本体カラーは5色展開に加え、気分に合わせて選べる2色のイヤーウィングが付属。
また、ゲーミング(低遅延)モードの搭載や、外音取込モードなど機能も充実!

【商品情報】AVIOT(アビオット) TE-D01q

» 詳細を見る

イメージ

RHA(アールエイチエー)TrueControl ANC

RHA TrueControl ANC
RHA TrueControl ANC

RHA 初となるアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載の完全ワイ ヤレスイヤホン。T10やCL750といったワイヤードイヤホンで人気の高かったRHA、完全ワイヤレスイヤホンでも着実に人気を伸ばしています。
形状も従来のRHA製品と異なり、カスタムイヤホンに近い形でフィット感もアップ。外音取込(アンビエント)機能やQi規格ワイヤレス充電対応など、細かい点もしっかりと充実させているモデルです。

【商品情報】RHA(アールエイチエー) TrueControl ANC

» 詳細を見る

イメージ

Apple(アップル)Air Pods Pro

言わずと知れたApple Air Pods Pro。アクティブノイズキャンセル(ANC)機能、外部音取り込み、耐汗耐水性能 IPX4等級の機能性、他のApple製品との相性の良さから多くの支持を得ています。

 

SONY(ソニー)WI-1000XM2

SONY WI-1000XM2
SONY WI-1000XM2

イヤホンを落としにくいネックバンド型ステレオヘッドセット。LDACコーデックでハイレゾ音質対応。
また、DSEE HX搭載により、CD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。ノイズキャンセリング機能ON時で最大10時間のロングバッテリーライフを実現。

【商品情報】SONY(ソニー) WI-1000XM2

» 詳細を見る

イメージ

MPOW(エムパウ)M7ANC

MPOW M7ANC
MPOW M7ANC

1万円強の価格帯でアクティブノイズキャンセリング・外音取り込み・aptXTM Adaptiveといった最新スペックを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ノイキャン、aptXTM Adaptive搭載でこの価格帯は唯一ではないでしょうか。
機能性とコスパ重視の方におすすめです。

【商品情報】MPOW(エムパウ) M7ANC

» 詳細を見る

イメージ

JVC(ジェイブイシー)HA-XC91T

JVC HA-XC91T
JVC HA-XC91T

JVCブランド初のハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能搭載。大口径12mmのドライバーユニットを採用しリアルな重低音サウンドを実現。
衝撃からイヤホンを守るラバープロテクターに加え、IP55相当の防水・防塵(イヤホン本体のみ)を実現した「TRIPLE PROOF」タフボディを採用。汗や水、砂埃に強く、アウトドアなどでのご利用にもおすすめです。

【商品情報】JVC(ジェイブイシー) HA-XC91T

» 詳細を見る

イメージ

Bowers & Wilkins(ビーアンドダブリュー) PI7

Bowers & Wilkins  PI7
Bowers & Wilkins PI7

イギリスの名門オーディオブランド・B&W初の完全ワイヤレスイヤホンとして話題に。充電ケースがBluetoothトランスミッターになるというユニークさからも注目を集めています。
9.2mmの大口径ダイナミックドライバーを搭載し、トゥルーワイヤレスイヤホンとしては珍しくバランスドアーマーチェアを加えた2ウェイ構成で、ドライバーごとに専用のアンプを駆動させたバイアンプドライブ構成。ノイズキャンセリング機能だけでなく音質も重視したいという方におすすめです。

【商品情報】Bowers & Wilkins(ビーアンドダブリュー) PI7

» 詳細を見る

イメージ

【試聴レビュー】世界初!充電ケースがBluetoothトランスミッターに!?B&W初の完全ワイヤレスイヤホンPI7・PI5登場

» こちらの記事を見る

イメージ

MEE audio(ミーオーディオ)X20

MEE audio X20
MEE audio X20

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。10mmのダイナミックドライバー搭載でパワフルサウンドを提供。防水規格IPX4対応で汗を気にせず使用できます。
オンライン会議などに便利な左右片側ずつでの使用も可能。ノイキャンで一万円を切る価格帯も魅力のひとつ。

【商品情報】MEE audio(ミーオーディオ) X20

» 詳細を見る

イメージ

Happy Plugs(ハッピー プラグス)AIR 1 ANCノイズキャンセリング・ワイヤレスイヤホン

Happy Plugs AIR 1 ANCノイズキャンセリング・ワイヤレスイヤホン
Happy Plugs AIR 1 ANCノイズキャンセリング・ワイヤレスイヤホン

スウェーデン発Happy Plugsのアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレス イヤホン。フィードフォワード型とフィードバック型を組み合わせたハイブリッド・アクティブノイズキャンセリング機能により、35dB までの騒音低減を実現。2つのANCマイクを左右それぞれに搭載し外部の音を打ち消します。
また、外部音取り込み、クイックチャージなどの機能も搭載しています。

【商品情報】Happy Plugs(ハッピー プラグス) AIR 1 ANCノイズキャンセリング・ワイヤレスイヤホン

» 詳細を見る

イメージ

Master&DYNAMIC(マスターアンドダイナミック)MW08

Master&DYNAMIC MW08
Master&DYNAMIC MW08

2014年にニューヨークで誕生したオーディオブランドMaster&DYNAMICの最新ワイヤレスイヤホン「MW08」。アクティブノイズキャンセリング機能、11mmベリリウムドライバーを搭載。
さらに最大42時間再生できるロングバッテリーにクイックチャージ機能と充実の機能性と洗練されたデザインの「MW08」は正に長く愛用いただけるイヤホンです。

【商品情報】Master&DYNAMIC(マスターアンドダイナミック) MW08

» 詳細を見る

イメージ

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホン機能付きイヤホンは、今までわずらわしく感じていた騒音を小さくし、質の高い音楽を届けてくれる夢のようなイヤホン!
しかし安心の大手メーカーが多数商品を出しており、どれを購入すればいいか迷ってしまいます。そこでイヤホンを選ぶ7つのポイントをご紹介しました。
さらに様々な機能に特化したワイヤレスイヤホンを15種類ご紹介したので、自分が最も重視する機能で選んでみてください。

Page Top